スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かるふーる

2012年11月04日 22:00

立川のアコーディオンの集い「かるふーる」に行ってきました。しばらくご無沙汰だったのですが9月に知人がミニコンサートをするので足を運んで,不思議なもので一度行くと また行けるのですね。

アコーディオン愛好家が お互いの演奏を聴くのが基本コンセプトです。

今日は長野の KAZU 氏のミニコンサート。3年前の関東アコーディオンのコンクールの上級部門に彗星の如く現れて優勝を かっさらったのは印象的でした。特別審査員の江森先生が「たいへん お上手だったと思います」と講評でおっしゃいました。

KAZU さんも ついにフリーベースの人となり,右が鍵盤で左がバヤン(B グリフ)の おそらく日本で唯一のスペックを持つ楽器を駆使して,数々の難曲を披露されました。

僕が弾いたのは,いつものコロンボの「ジェルメーヌ」とトマンの「アンファン・デモン」。テクニック的に問題はありましたというか,要するに間違ったりしたのですが,心が折れない演奏は出来たと思います。今日考えていたのは,とにかく絶対の自信を持って演奏しなければいけないということで,モデルにしたのが shaggs なのは問題かもしれませんが…。とりあえず演奏者の迫力で20人ほどの聴衆の皆さんの気を逸らさずにはすみました。

今日はピアソラを何曲か聴くことができ,昨日の空谷足音のオールモスト・オール・ピアソラ・プログラムを聴きながら漠然と考えていたことが明確になりました。
 ピアソラには ものすごく通俗的な泣かせる部分があるけれど,むしろピアソラの真価は現代音楽的な旋律や和声にあって,素敵なメロディーで ほっとするピアソラは印象に残りにくいのではないかと思いました。その難しい部分を興味深く演奏するのが大事で,いたずらに偉そうな難解さを誇っても仕方ないのがピアソラの大変さではないかと。

帰りに立川駅に向かう時に,同席した萩本氏にアコーディオンを背負っているにしては足が速いと言われ,もしかするとアコーディオンを背負っているときは有意な歩行速度差が発生しているのかもと初めて思い至ります。最近,こういう気付きが多いような気がします。
スポンサーサイト

練習場所

2007年07月29日 13:07

いつもアコーディオンの練習は家でするのですが、

レッスン

2007年07月25日 22:45

柴崎先生のレッスン日でした。

エンディミオン・トリスト

2007年07月20日 21:42

おなじみ室内楽研究会のコンサートのゲストで1曲弾かせてもらいました。 曲は金子万久先生の「悲しきエンディミオン」です。 万久風にヴァリエーションをつけようとしたら落ちそうになりましたが、自分的には納得のいく演奏でした。 ほとんど練習できなかったので、ぶっつけ本番でしたが、うまくいくときはうまくいくのでしょう。 頭を空っぽにして自分の音をよ~く聞きながら演奏しました。 今日の収穫は、会計のTさんが聴きに来てくれたことです。彼女のアルトサックスと合わせる約束をしました。 とりあえず、秋の室内楽研究会のコンサート(出して貰えればだけれど)で「帰って来たツバメ」をやってみることにしました。

フリーベース解禁

2007年05月11日 14:57

実は秘密があって

かるふーる に行ってきました

2007年04月06日 09:08

くどう えり さんのアコーディオン交流会へ立川まで。

歌う(歌うように弾く)こと

2007年04月02日 16:50

先日の日記で書いたジャン・コルティのボーナストラックを聴くことが出来ました。パリ在住YTTのツシマ氏のご好意であります。

全アコーディオニスト必聴

2007年03月31日 12:36

パリのYTTのツシマさんから届きました。jean CORTi の新譜 VERSATiLE とMARC PERRONE の最新作 les p'tites chansons de MARC PERONNE です。この画像を見て「わぁっ」というひとは僕の同志です。

musicien ですが、ミュージシャンとはいえないなぁ

2007年03月30日 11:51

水曜日は金子先生のレッスン。木曜日も人前でちょこっとアコーディオンを弾きました。

第2回柏アコパ

2007年03月26日 15:50

行ってきました柏アコパ。

アコーディオンな3日間

2007年03月22日 22:56

ごぶさたしていましたが、インフルエンザとか花粉症とか仕事とかしていました。なんとか今年度の仕事も終わりゲンズブールの命日にポルナレフは復活し、僕もアコーディオン・ライフに帰還した訳です。

ピアソラ

2007年01月15日 20:29

昨日のブログで書いた話ですが、やっぱりピアソラがみんな好きなんですね。

御喜美江先生

2007年01月14日 09:35

日本のアコーディオン界の第一人者は誰か? という問いには

アコーディオンカレンダー

2006年12月27日 00:01

YTT の對馬社長から大きな郵便が来て「何だろう?」と思ったら アコーディオニスト・カレンダーでした。

レッスン再開

2006年09月06日 21:27

2ヶ月お休みした金子万久先生のレッスンが今日から再開です。

3 moments forts

2006年08月20日 05:50

帰ってきました。といってもパリにですが。 オーヴェルニュの学校では最早新参者ではなく、甲子園や選挙風に言うと2週間ぶり2回目だったのでリラックスして、ずいぶん色々な人と親しくなれました。それでいて練習時間は前回より多かった不思議。 さて、今回のまとめとして、ハイライトシーンを3つ選んでみました。(順不同。時系列順) 1:15分間の特別レッスンで「君はもっともっと外に向けて表現しなければいけないよ」と言ってアレクサンドル・スクリァロフ氏が弾いてみせた迫力満点のグノー『ファウスト』の「ワルツ」。途中から音数が増えてまるで現代音楽。ぐぉんぐぉんとの響きながら突進する音楽。1曲弾いただけで本質を指摘するのもどうかと思う。 2:講習最終日の深夜、ボーブールのバーで校長のナタリーの演奏を体験。ヴァリエテの底力を思い知る。唖然。 3:フレッド(フレデリック・デシャン)が生徒のアコーディオンをひょいと借りて何気なく弾いてみせてくれたクロード・トマンの「アンファンデモン」。滅多に見せない先生の実力を簡単な曲で見せつけるので他の講習生が2分間でどんどん集まる。 もうあんまりフランスでアコーディオンについて知ったことは書きたくない気分なのだけれども、このくらいはサーヴィスで。もっともこれだけでも企業秘密がわかってしまうひともいるかもしれませんね。やっぱり一番力があるのは実演で、全部1メートル以内で聞いたのでした。

モントーバンの日

2006年08月13日 17:50

本当にパリにいるからといってアコーディオンにあふれている訳ではないのです。 そういえば先週はモントーバンに行ったのです。 これが火です。 というのはウソで(本当は凱旋門の無名戦士の墓の火です)、モントーバンに行っても「モントーバンの火」とは何かは解決しなかったのです。観光案内所の皆さんにも考えていただいたのですが「結局曲のタイトルって意味ありげだけれども意味はないのよね」とか「特にモントーバンとは関係がない」とかで、そもそもモントーバンで30人くらいに「『モントーバンの火』ってご存知ですか?」と訊ねたけれども、曲名自体を知っている人がほぼいませんでした。 昨日はホテルのケーブルテレビが「第38回思い出のメロディー」をやっていたのですが、ダークダックスが3人で「銀色の道」を歌っていました。現代フランスでは「モントーバンの火」ってそのくらいの位置なのかもしれません。 やっぱり業界の人々に聞くか、ミュゼット関係文献を読みあさるしかないのかなぁ。 これから出発して、オーベルニュの学校にまた1週間滞在します。ネットができないので、しばらくごきげんよう。 帰ってきたら、日記を書きますね。

オスカー、お前もか

2006年08月11日 01:31

昨日は、ポルブシェに楽譜を買いに行ってもがっかりしますよアコーディオニストの皆さん!という話でしたが、そもそもプルブシェは楽譜ではなくてアコそのものを買いに行く場所として日出ずる国では知られていたのでした残念。そして楽譜ならばピガールのオスカーミュージックである!というのが定説。 そこで今日はオスカーへ。 結論は:オスカーへ行ってもそんなにたいしたことはない。 オスカーは通販サイトもあります。 教則本:http://www.oscarmusic.com/METHODES/methode2.asp?Cliprov=HF@JFAHMEDXQEPVCTC18:16:05&FAM=42 楽譜:http://www.oscarmusic.com/partitions/partition2.asp?Cliprov=HF@JFAHMEDXQEPVCTC18:16:05&FAM=57 が紹介されてますが、お店行ってもこれ以上のものはほとんどありません。まだしもポルブシェの3区楽譜専門店の方がピースが、価格フラン表示、同じものが大量に、ものすごく古いものもとはいえ、売ってますから「まし」な位です。ただ教則本に関してはオスカーの勝ち。もしかすると梅田のササヤが世界一アコーディオンの楽譜のある店かもしれない(かっち。on the go 調べ)。教則本はソハマミュージックですね。アメリカや日本の本もあるから。 雑誌「アコルディオネ・アコルディオニスト」の記事「ヴァカンスに新しいレパートリーを開発しよう(かなり意訳)」に「ためらわずに作曲者に問い合わせてみましょう」なんて書いてあった理由がわかりました。要するに店で売ってないのね。 それでもスタージュでお習いした先生の数年前のピースがあったので、それだけ引き取ってきましたが、表紙に見覚えがあると思ったら、湯島のアカデミアになぜか1曲だけあるアコーディオンピースと同じ出版社だったのでした。あの会社、店に1曲だけのピース専門会社なのだろうか。

ポル・ブシェにて

2006年08月10日 04:28

おそらくフランスのミュゼットとかが好きなアコーディオニストは、パリのポル・ブシェに一度行って楽譜を買いたいと思っていらっしゃると思います。 今日は手短に、それが誤解だと申し上げておきたいと存じます。 1.バスティーユの本店には楽譜がほとんどない。ちなみにアコーディオンも数台しかない。東京の谷口楽器の方が充実しているくらい。もちろんアイテムが違うのでそれなりに見るべきものはありますが。 2.楽譜は3区の店に行くべきなのだが、それでも結構寂しい感じです。 結局楽譜は通販とコネで昔の楽譜をコピーするしかないのかもしれません。 少なくとも楽譜を買うためにパリに行く! なんて勢い込むと失望は確実です。

パリから

2006年08月09日 07:49

驚くべきことに3ヶ月もブログを更新していませんでした。理由はいろいろあるのですが、そう人生何事も理由が一つだけなんてないのですが、最大の理由は日乗の瑣事や本や映画のことを書くのをやめたことですね。内容のあることを書こうと思うばかりに、何も書けなくなるという逆効果。他にはmixiを始めたせい、とかいろいろありますが、言い訳はこの位にします。何回かコメントで尻を叩いてくれた「かち子」さんありがとう。しかし、あなたは誰? さて、近況報告です。2週間ほど前からフランスにいます。1週目はオーヴェルニュ地方、そう、あのヴォルビック(ミネラルウォーター)の産地のアコーディオン学校で講習を受けました。2週目はロワレ県といっても誰も知らないと思いますが、パリのあるイルドフランスの南の田舎のペンションで、とある先生が開催された集中合宿に参加しました。あ、1週目の学校ももちろん田舎です。おいしい水がとれる県が都会の訳がないけれども、そのなかでもかなりの田舎です。どちらの講習地も近くに鉄道の駅がないという素晴らしさ。 それからミュゼットの聖地モントーバンへ火を見に行き、今日からはパリで休暇です。来週もう1週間オーヴェルニュの講習に行って帰国。 今日はひとつだけアコーディオンの話題を: パリについて、とりあえずシャンゼリゼに行ったのですが、やはり大型レコード店に入ってしまいます。大型書店でもあるので、2時間ほどかけて、ゆっくり見たのですが5年ぶりのことでした。実は5年前はアコーディオンなど全く始めていなかったので、ミュゼットやらアコーディオンのCDとか本の印象が皆無だったのですが、今回、その理由がわかりました。アコーディオンはフランスでも、もはや少数派なのですね。大型店でもCDのコーナーを探すのに苦労します。そして書籍は皆無。フランスで発行されているアコーディオン雑誌(そのおかげで今回参加した講習を知りました)を読んだり、講習に参加したりしていると、世界はアコーディオンに満ちているような気になってしまうのですが、やっぱり娑婆の風は冷たかった。やれやれ。

アコーディオンマン

2006年05月05日 18:41

それ、なんだろう? とお思いでしょう。アイスクリーム・マンだったらジョナサン・リッチマンだっ!て突っ込む人はいない…だろう…なぁ。えっと、アコーディオンマンは、かの『アンパンマン』のキャラクターです。

ポエタ試奏

2006年04月29日 19:04

世界一のアコーディオンは何か? の答はありません。でも「世界一と言われているアコーディオン」は存在します。たとえばここで語られている楽器とか。それを弾いてきました。

五月の巴里

2006年04月20日 23:15

アコーディオン・デュオを結成しました。

東京アコーディオン教室(金子万久先生)

2006年01月19日 14:57

レッスンは停滞気味でご報告もないのですが、今日は先生秘蔵のSP盤を聴かせて頂きました。

アコーディオン喫茶かるふーる

2006年01月15日 22:16

奇数月最初の日曜日は「アコーディオン喫茶かるふーる」のコンサートです(偶数月は最初の金曜日に交流会があります)。1月は最初の日曜日が元旦だったので今日がコンサート。出演はアコーディオン界では有名なSarasaのお二人、福嶋亮氏、岩城江里子女史のデュオです。

東京アコーディオン教室(金子万久先生)

2006年01月05日 17:40

新年最初のレッスンです。 先生の曲集が谷口楽器で20冊ずつ完売というニュースがありました。30冊ずつ新たに刷って追加で売り出すとのことです。Yahooオークションでも動きが速かったし、潜在的にも顕在的にも万久ファンは多く、そもそも曲集の存在が伝説になりつつあるのではと思います。谷口の社長は3,000部出ているジャーナルで紹介してるんだから20部ぽっちじゃすぐに売れて当然とおっしゃっているとのこと。

アコーディオンらしさ

2006年01月03日 18:33

『楽器図説』という書物があります。今日は、その本を引用しつつ、アコーディオンとは何かという根本問題を考えてみたいと思います。いかにも年始らしい記事ですねと、自画自賛。 今年のヴァリエテKISHITSUは、身辺雑記を退けて(mixi に書きます)より音楽そのものを語っていきたいと思います。本年も宜しくお願い致します。

アコーディオン喫茶かるふーる

2005年12月02日 19:17

この写真は参加者のお一人で金子教室の兄弟子であるエス氏にいただいたもので、バカみたいに口を開けて演奏している顔はトリミングしちゃいましたが楽器がピカピカしていて我ながら良い感じです。 いまやアコーディオン界では有名イベントになりつつある(?)「アコーディオン喫茶かるふーる」の12月例会。偶数月はミニコンサートではなく仕事帰りにも気楽に参加できる夜7時からの交流会。主催者のくどうさんはセミプロだし、本当にプロの坂本光世さんもいらっしゃいました。常連にはコンクール入賞者や優勝者がというレベルの高さであります。H氏なんて皆勤です。 僕は26日にも弾いた「枯葉」を披露させていただきました。実際、先月の葦でも弾いたし大野教室の忘年会でもきっと弾くから「こればっかり」状態なんですが、やはり場数を踏むことは大切ですね。ちゃんと弾けてちゃんと聴いてもらえた気がしました。 ボタン式ならではの短3度で下降するアルペジオもどきがやはり印象的だったようでした。万久テクニックは流石に効果的です。 アコーディオンだけでなく吉村真奈美さんのラグタイムピアノは聴けるし、竹ノ内ブラザース(どちらも豊ではありません)はカホンまで披露。会場の「はるもにあ」さんが用意してくださったいなり寿司や茄子の煮物などもおいしく、充実の会合でした。

東京アコーディオン教室(金子万久先生)

2005年10月13日 01:51

今日のレッスンでは、なによりも「アリデベルチ・ローマ」の雪辱。なんとか指がまわるように練習してきたら、さらに先の要求があり立ち往生。結局「まだまだ」です。 さらに先生の曲「ラトマス」。そのままではツマンナクナッテシマウのを料理しようと試みるが失敗。範奏して頂き、目からレンティルが落ちる思い。 レッスン後のお茶とお話コーナーで、ベルギー式の左手の話を伺う。「上下が逆」と明快なお答え。しかもデデ・モンマルトル氏にベースが楽だから勧められたと具体的なエピソード。成る程ドミナントが下にあればベースで指を伸ばさなくていいから楽。実はベルギー式の左手のことはネットで調べても資料がなく考えていたのだけれども、やっぱり金子先生に解決できないことはないのだなぁと納得しました。脱帽。 来週は曲集の最後にさしかかり、なんと「荒城の月」です。それから「東京の屋根の下」「湊に赤い灯がともる」「佐渡おけさ」。「パリ空」と「クンパ」は自分でさらって、自信が出来たら申し出て聴いて頂くことになりました。さて、いつになるでしょう。

アコーディオン喫茶かるふーる

2005年10月07日 21:29

これを書いているのが16日で、すでに会場となった「はるもにあ」さんの掲示板でも主催者「くどうえり」さんのブログでも専用掲示板でも報告されていて、いまさらな感じですが、やはり記録しておきます。 出来に不安があったので、トップバッターとして「アズタイムゴーズバイ」を弾いたのですがズタボロでした。仕方なくコンクール結果報告を兼ねて「ファウストのワルツ」も弾きました。これはそれなりの出来で、やっとレパートリーが出来た感があります。 驚いたのは金子教室の先輩エス氏(ってかくと星新一のショートショートみたいですね)がいらしていたこと。モティベーションをあげるための参加とおっしゃり、演奏はされなかったのですがアコルディーナ(ピアニカ、メロディオンのボタン鍵盤の楽器)を披露して頂きました。といってもこれも見せるだけで、なんとエス氏のアコルディーナは運指練習用に携帯するためで吹き口に紐を通して首にかけるようにしてあり、演奏はできなくなっているのでした。 会合終了後にちょっとだけ、僕の楽器で「デニシュール」を弾いてらして、いかにも金子流の演奏だったので、ちょっと感動。 5月から皆勤だった「かるふーる」も来月はお休みで、これは12月はいろいろとネタを仕込まなければいけないなと思っています。ボタンアコーディオンもひとりだけではなくなってしまったし。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。