スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イベントとライブのお知らせ#24.3(6/5/2007)

2007年05月06日 15:17

5月23日(水)国分寺クラスタ。アコーディオンソロで30分のショートライブです。アコの極め付けを並べる予定。 9月17日に柏アコパがあり、前日には関東アコのソロのコンクールがあります。公の場所にあられる予定は残念ながらこれくらいです。もちろんホームグラウンドのはずのでのアコーディオン・デュオ「五月の巴里」をなんとかするとか、愛すべきたかひで君とのデュオというかユニットというかコンセプトというか、あのハルムハルムもあるでしょうとか、ヘブンアーティストはどうするとか、未来は常に開かれているのです。あ、そうだ。誰か僕とフランスのアコ講習行きません?
スポンサーサイト

イベントとライブのお知らせ#24.0(26/3/2007)

2007年03月26日 12:40

5月23日(水)国分寺クラスタ。アコーディオンソロで30分のショートライブです。アコの極め付けを並べる予定。 その他、アコーディオん喫茶かるふーる4月6日夜にも出没の予定。それから、9月は17日に柏アコパがあり、多分下旬に関東アコのソロのコンクールがあります。公の場所にあられる予定は残念ながらこれくらいです。もちろんホームグラウンドのはずのでのアコーディオン・デュオ「五月の巴里」をなんとかするとか、愛すべきたかひで君とのデュオというかユニットというかコンセプトというか、あのハルムハルムもあるでしょうとか、ヘブンアーティストはどうするとか、未来は常に開かれているのです。あ、そうだ。誰か僕とフランスのアコ講習に行きませんか?

イベントとライブのお知らせ#22.0(20/2/2007)

2007年02月20日 22:21

5月23日(水)国分寺クラスタ。アコーディオンソロで30分のショートライブです。今日(2月20日)は葦でだらだら弾きます。

イベントとライブのお知らせ#21.1(28/12/2006)

2006年12月28日 09:52

1月24日(水)国分寺クラスタ。アコーディオンソロで30分のショートライブです。「五月の巴里」も1月か2月の金曜夜に蔵前葦平常営業中にゆる~くやろうかな。

イベントとライブのお知らせ#20.1(29/10/2006)

2006年10月29日 19:45

11月はライブが2回あります。 21日(火)は国分寺クラスタ。アコーディオンとギターのデュオ「ハルムハルム」の公開練習です。お客さんが演奏できるお店ですから、アコーディオン愛好者の交流会になればと思います。ぜひ、楽器持ってお越し下さい。11月24日(金)は蔵前の葦でアコーディオンデュオ五月の巴里のライブがあります。途中のトークコーナーではフランスアコーディオン留学のノウハウをたっぷりお伝えする予定です。このあたりも詳しくは続きに…。

イベントとライブのお知らせ#18.0(10/8/2006)

2006年08月10日 21:33

9月23日(祝)コンクール出場(アコーディオンデュオ)、27日(水)ミニライブ(アコーディオンソロ)、10月27日(金)イベント(フランス音楽紹介+アコーディオンデュオ+シャンソンミニライブ)があります。

お知らせ#13.0 (17/11/2005)

2005年11月17日 19:40

11月25日金曜日ノーヴェンバ・クリスマスは私たちのイベント「『葦』フレンチ・ナイト#10」です 前回の告知で「11月は18日に予定」と書きましたが変更しました。ごめんなさい。明日18日は葦でフリー・ジャズのコンサートがあります。ですからフレンチナイト目当ての方もそれなりに満足して頂けないか…。告知遅れて申し訳ございません。  ヴァリエテ・フランセーズの紹介が午後7時から。今回は名曲集をやろうかと目論んでおります。ネタはfnacのディスクガイドでこれは来月のイントロクイズ大会の規定問題でもありますから、おフレンチ関係者は是非来てね。  8時半からはシャンソンミニコンサートです。歌手はやまもと俊子さん。ピアノは前回に引き続き久冨ひろむ氏です。氏のホームページはこちら。なんとページ内で前回の報告をして頂きました。  コンサート終了後はリクエストで曲や映像をかけたり歌いたい人は歌い、演奏する人は演奏する無礼講の3部構成です。前回は久冨先生が素人の伴奏をしてくださるという豪華版で、僕さえも歌ってしまいました。アコーディオンもあります。ボタン式ですが。  12月は予定通りの16日で忘年会で、歌手は清原まりこ。もちろん「イントロクイズ大会」は絶対行います。では、多数のご参加をお待ちしております。(管理人へのご連絡はkacchann@worldonline.frまで。)

お知らせ#12.1 (17/10/2005)

2005年10月17日 13:30

10月21日(金曜日)は私たちのイベント「『葦』フレンチ・ナイト#9」  イベントの内容は過去の記録昨年度最終回の告知等をご覧いただければ「なんとなく」わかります。  ヴァリエテ・フランセーズの紹介が午後7時から。YTT對馬師のコンピレーションも届いたばかりだし、セルジュ・ロペスのライヴ映像も送って頂いたし、ケレン・アン来日中止残念映像とか、エミリ・シモン来日記念映像とかそういうのも流します。ジュリアン・クレールとアズナブールの新譜はまだ手に入れていないけれども、フランス2のニュース映像はあります。インターネットからヴィデオに録ったというとんでもない画質ですが、葦のテレビのことを考えれば画質はなんでもいいような。。。みなさんもなにかしら音源や動画をお持ちのでしたら宜しくお願いします。  8時半からはシャンソンミニコンサートで10月21日金曜日は、イベントの「言い出しっぺ」の一人である清原まりこが復帰します。しかもピアノは久冨ひろむ氏です。氏のホームページはこちら。なんとページ内で告知して頂いています。  コンサート終了後はリクエストで曲や映像をかけたり歌いたい人は歌い、演奏する人は演奏する無礼講の3部構成です。11月以降は日にちだけ第3金曜日で11月が18日、12月が16日と決めてありますが、ミニコンサートは予定が決まっていません。なにしろ歌手さんのご都合次第ですから。。。 もしかすると11月は清原まりこが続投するかもしれませんが、今度の試運転の調子次第といったところ。いまのところはCDやビデオと素人音楽大会だけのフレンチ・ナイトでもと考えています。  12月は忘年会ですから「イントロクイズ大会」は絶対行いますね。(管理人へのご連絡はkacchann@worldonline.frまで。)

お知らせ#8.0 (8/5/2005)

2005年05月08日 00:57

2005年5月27日(金)7時よりイベント「『葦』フレンチ・ナイト#7」を行います。  今年度最終回になります。6月以降はお休みを頂きます。会場の「葦」が冷房効かないものでして…。  今回のプティ・コンセールは藤木友紀子さんのデビュー・コンサートです。伴奏にアコーディオンの熊坂路得子サンをお願いするという初めての試みになります。ミュージックチャージは500円で計1,500円をいつものように頂戴致します。以前の告知で1,300円と予告致しましたが諸般の事情(釣り銭のこととか)で、いつも通りのチャージを頂くことに変更致しました。御容赦下さい。  コンサート前座の第1部は私「かっち」によるヴァリエテ・フランセーズDJ。YTTの對馬師のコンピレーションも届きますし、僕も元気が出てフランスから取り寄せようと考え中ですので、今回は常に増して、いろいろ新譜を紹介できると思います。「東京ヴァリエテ倶楽部」例会「東京ヴァリエテサロン」も兼ねております。  コンサートの終わった9時頃からは第3部:お楽しみタイム Tout est bien qui finit bien。今回のタイトルは沙翁。それはともかくリクエストで曲を聴いたり映像を見たり。ピアノも弾けます。歌えます。楽器をお持ちになってお聞かせ頂くのも大歓迎。  会場の蔵前の喫茶「葦」は平常の夜の営業の飲んで食べて1,000円の大サーヴィスで変わりません。マスターの永井さんいつもいつもいつも本当にありがとうございます。加えてミュージックチャージを500円頂戴いたしますので、計1,500円になります。喫茶「葦」については10月19日付記事葦のこともご覧下さい。アクセスや地図もそちらからご覧になれます。  過去7回の内容はこちらをご覧下さい。また参加された方のご意見、されなかった方のご要望なども、これらの記事にコメントしていただければ幸いです。  夏休み後の再開第1弾は9月16日金曜日を予定しております。プティ・コンセール出演者はやまもと俊子さんと宮沢由美さん。清原まりこ? も帰ってくれば良いのですが…。  東京ヴァリエテ倶楽部については9月13日付記事を参照願います。また、ヴァリエテ倶楽部には掲示板もあります。部員各位でご利用ください。というか来た人が部員です。一応パスワードがありますが、掲示板管理人 kacchann@worldonline.fr までご連絡いただければお教えいたします。東京アコーディオン協会新宿練習会に関しましても上記アドレスにお問い合わせ願います。 フレンチ・ナイトでなくても「葦」に来て下さい  金曜日はできるだけ葦に赴く予定です。6月3日は「アコーディオン喫茶『かるふーる』」がありますが、それまでは毎週顔を出してアコーディオンを弾かせて貰うつもりです。

葦のこと

2004年10月19日 21:35

 私たちの「フレンチ・ナイト」の場所を提供して頂いている、蔵前の喫茶「葦」についてまとめておきたいと思います。 喫茶「葦」〒111-0051 東京都台東区蔵前4-5-10tel.03-3861-4674 地図はこちら  場所は「国際通りと江戸通りが合流する蔵前1丁目交差点のすぐ北側国道6号の西側、中華料理店の地下。浅草線の蔵前から行くと江戸通りに出て通りの反対側」で、中華料理店の地下になります。カナダドライの電飾行灯が出ている他、メルヘンなイラストの丸い看板も下がっています。階段を降りると不安になりますが、どんどん降りましょう。怖い場所ではありません。  朝は8時より営業。モーニングがあります。昼はランチ。夜の営業は飲み放題食べ放題の1,000円。飲物は基本的に焼酎ですが、ワインがあること、別料金でビールが飲めることもあります。食べ物は大皿のスパゲチや肉じゃがを勝手に取るという、お洒落にいってタパス、普通にいってバイキング。  マスターの永井明氏は、コーラス、居合い、書をされるマルチな趣味人で、山のガイドもされています。山歩き講座の予定はこちらをご覧ください。  更新が止まっているようなのですが、常連の方が運営されているホームページがあります。ホームページ内の「あしっど掲示板」は機能しているようです。

「『葦』フレンチ・ナイト」に向けて

2004年09月22日 01:31

 みなさん今晩は。書き込みが2日ほど滞って申し訳ありません。書いていないのにアクセスが増えると忸怩たる気持ちです。フランスからアコーディオンの楽譜が届いた話とか、「おでこちゃん」ことヴァネッサ・パラディがヴォーカルを担当しているリットル・ラビッツのサントラ新譜『アトミック・サーカス』も届いたので、その感想とか書きたいのですが、既に酔っぱらっていて「私の名前はベロ、べろべろのベロよ」という状態なので(これはパロディなんて上等なものではなく単なる、もじりなのですが、出典の判る人は友達です)後日に譲って、来週イベントを行う、喫茶「葦」のことを書きましょう。  今日は、来週のイベントで、歌手「清原まりこ」さんもお見えになって打合せを行うはずだったのですが、またまた気が付くとピアノの前に座っていて DON'T SHOOT ME, I'M ONLY THE PIANO PLAYER. になっていたのでした。これって僕的には人生の理想で、夢が叶って良いのかしら状態です。喫茶ですが飲物は焼酎で、ぼぉっとしていると誰かが歯医者の水のようにグラスを補充してくれるし。  しかも、帰りにお勘定をしようとしたら、マスター(ナガイアキラとおっしゃいます。これは、人のために尽くす名前ですよね。「この子を残して」では、ありませんか)に「○々さん(まさか「かっち」が本名の筈はないのです)は、ピアニストだから生涯無料だよ」と言って頂いて、「それでいいのか」と思いました。今日は実はワインを持って行ったのですが、お店に入ったらあまりに人がたくさん(「葦」的に)、10人ほどいらしたので、分けきれないかもと思って出さなかった人間にはかたじけなさに涙こぼるる宵でした。宵といっても終電一本前で、ワインだって「お詰めは?」「所有者元詰(ミザンプロプリエテ)でございます」のレヴェルにすぎないので別に勿体をつけることもなかったのですが。  ええと、来週お見えになる方は、音響がステレオでないかも知れないことをご承知おきくださいね。それから、歌が歌いたい方はカラオケか楽譜をお持ちになれば、楽勝で歌えます。ただし、ピアノ伴奏はかっちこと不肖私ですから、コードを押さえるだけに限りなく近いことを覚悟してください。キーがフラット5つとかだと泣きます。カセットやMDはハードがないので、ハードもお持ち頂けないと対応できません。ヘッドフォンの差し込みがあればPAにはつなげます。CDになっていれば、プレゼン用のパソコンで再生できます。  ところで今日はリクエスト大会もあったのですが、戸川純の「さよならを教えて」が、えらく好評でした。来月(10月27日に既に決定しています。ピアニストは2ヶ月前押さえがお約束ですから)は「怖い歌大会」をやろうかしらん。皆さんお知恵をお貸しください。

「葦」フレンチ・ナイト(仮称)

2004年09月08日 16:49

 今月29日の水曜日、蔵前の喫茶店葦(http://kissasi.hp.infoseek.co.jp/index.htm 国際通りと江戸通りが合流する蔵前1丁目交差点のすぐ北側国道6号の西側、中華料理店の地下。浅草線の蔵前から行くと江戸通りに出て通りの反対側、住所は4丁目5-10) でイベントをします。  前座は午後7時から8時半までで、僕がDJというかCDやヴィデオを流します。  次が真打ち登場! 私の友人:清原まりこさんのシャンソンのプチ・コンサートです。主に日本語の唄で、彼女のレパートリーからはジャズなども披露されるかもしれません。  コンサートが終了した9時以降は一種の打ち上げで、リクエストに応えて曲をかけたり、お客様に歌っていただいたり、楽器を演奏していただいたりして、楽しむ予定。一応の司会というか交通整理を僕がしますが閉店(11時らしいです)まで好きに過ごしていただこうと思います。もちろん、コンサート中以外は自由にご歓談頂いて構いません。  そういうイベントですが、店は破壊的に汚く綺麗な服で来ることは薦められません。お店の夜の営業は飲み放題食べ放題の1,000円なのですが、飲物は焼酎しかなく、食べ物も大皿のスパゲチや肉じゃがを勝手に取るという、お洒落にいってタパス、普通にいってバイキングなんですが、本当に謎の喫茶店!なのです。当日の飲食がどうなるかもまだわからず、チャージを払えば持ち込み自由とマスターがおっしゃるので。僕も自分用にビールかワインを持ち込もうかと思案中です。  これを、東京ヴァリエテ倶楽部の活動にしたいと思います。  定期的なイベントとして続けられそうですので、今回のプログラムでは、新譜の紹介、過ぎた夏を惜しんでヴァカンス期の馬鹿ヒット曲をかける(今年は例のぬまぬまでしょう)、「ジョールタクシ」からヴァネッサパラディを何曲かキャリアを追って紹介して(毎月誰かを紹介する企画もできるし)最後は新譜(まだ聴けてない)につなごうという、おおまかな目論見はありのですが、リクエストがあればもちろん考えます。

というわけで

2004年09月02日 23:30

 流行のブログを始めます。もっとも、日記のある単なるリンクページになってしまうかもしれません。人生、できることをするしかないなと思っております。よろしく。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。