スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かるふーる

2012年11月04日 22:00

立川のアコーディオンの集い「かるふーる」に行ってきました。しばらくご無沙汰だったのですが9月に知人がミニコンサートをするので足を運んで,不思議なもので一度行くと また行けるのですね。

アコーディオン愛好家が お互いの演奏を聴くのが基本コンセプトです。

今日は長野の KAZU 氏のミニコンサート。3年前の関東アコーディオンのコンクールの上級部門に彗星の如く現れて優勝を かっさらったのは印象的でした。特別審査員の江森先生が「たいへん お上手だったと思います」と講評でおっしゃいました。

KAZU さんも ついにフリーベースの人となり,右が鍵盤で左がバヤン(B グリフ)の おそらく日本で唯一のスペックを持つ楽器を駆使して,数々の難曲を披露されました。

僕が弾いたのは,いつものコロンボの「ジェルメーヌ」とトマンの「アンファン・デモン」。テクニック的に問題はありましたというか,要するに間違ったりしたのですが,心が折れない演奏は出来たと思います。今日考えていたのは,とにかく絶対の自信を持って演奏しなければいけないということで,モデルにしたのが shaggs なのは問題かもしれませんが…。とりあえず演奏者の迫力で20人ほどの聴衆の皆さんの気を逸らさずにはすみました。

今日はピアソラを何曲か聴くことができ,昨日の空谷足音のオールモスト・オール・ピアソラ・プログラムを聴きながら漠然と考えていたことが明確になりました。
 ピアソラには ものすごく通俗的な泣かせる部分があるけれど,むしろピアソラの真価は現代音楽的な旋律や和声にあって,素敵なメロディーで ほっとするピアソラは印象に残りにくいのではないかと思いました。その難しい部分を興味深く演奏するのが大事で,いたずらに偉そうな難解さを誇っても仕方ないのがピアソラの大変さではないかと。

帰りに立川駅に向かう時に,同席した萩本氏にアコーディオンを背負っているにしては足が速いと言われ,もしかするとアコーディオンを背負っているときは有意な歩行速度差が発生しているのかもと初めて思い至ります。最近,こういう気付きが多いような気がします。
スポンサーサイト

イベントとライブのお知らせ#27

2007年12月10日 00:00

12月9日(日)午後1時~2時半のタニグチ・サンデートーク『アコーディオンを語る集い』第9回を担当します。タイトルは「フランスのアコーディオン学校の教授法」。
おおやけな演奏予定はしばらくありません。9月18日より移転再スタートの浅草橋「葦」で演奏しちゃおうと目論んではおります。
[イベントとライブのお知らせ#27]の続きを読む

イベントとライブのお知らせ#26

2007年09月02日 20:49

9月16日(日)の関東アココンクール、翌17日(祝)に柏アコパに出ます。ソロです。
そのころにが移転再開したら、自分のライブもしたいなぁ。永井さんよろしく。
12月9日(日)午後1時~2時半のタニグチ・サンデートーク『アコーディオンを語る集い』第9回を担当します。タイトルは「フランスのアコーディオン学校の教授法」になります。
[イベントとライブのお知らせ#26]の続きを読む

イベントとライブのお知らせ#25.1(4/8/2007)

2007年08月04日 00:00

9月16日(日)の関東アココンクール、翌17日(祝)に柏アコパに出ます。ソロです。が移転したら、自分のライブもしたいと思ってます。ってまだ永井さんに相談していないけど。アコーディオン・デュオ「五月の巴里」でもいいし、たかひで君とのハルムハルムでもいいし、もちろんソロでもいいし。
[イベントとライブのお知らせ#25.1(4/8/2007)]の続きを読む

サイト始めました

2007年08月02日 12:21

フランス軽音楽のサイト「ポップ・フランセーズ」8月1日オープンです。

自分で web サイトをするのは生まれてはじめて。
もちろん一人ではできないので、デザインと制作に強力なパートナーを得ています。
茨さんありがとう。

それにともないブログもお引っ越しです。
昨日のうちにこの日記を書きたかったのに忘れてました。

スタートってあたふたします。

皆様、なにもないところですが、よろしければぜひおいでください。
そして、掲示板にご感想がいただければ幸いです。

練習場所

2007年07月29日 13:07

いつもアコーディオンの練習は家でするのですが、

マリーアントワネット

2007年07月26日 21:58

名画座に落ちて来たのと、名画座の割引券を路上で貰った(ティッシュと「うまい棒」と一緒に)ので、見に行きました。

レッスン

2007年07月25日 22:45

柴崎先生のレッスン日でした。

フラ夫婦によせて

2007年07月24日 16:56

フラ夫婦というマンガを読みました。

古い犂(すき)という名の

2007年07月23日 09:11

ブルターニュはカレーで19日から22日まで開かれたフェスティバル。オープニングがアズナブール。他にレリタミツコ、サンセヴリノ、カトリーヌと大物揃い。イギリスからはピーター・ゲイブリエルとブライアン・フェリー。イジュラン、アダモ、ヤニック・ノア、トリヨ、エミリー・ロワゾ、アブダルマリック、ジョーイスタール、グランコールマラッド etc。このフェスティバル一度行きたいです。(これでは3行ニュースだ)

パリ・プラージュが

2007年07月22日 17:33

今年も20日に始まっています。8月19日まで。フリーコンサートもあり。

スライ・ストーン氏

2007年07月21日 09:29

19日ニースのジャズフェスで「復活」。23日にはオランピアだそう。

エンディミオン・トリスト

2007年07月20日 21:42

おなじみ室内楽研究会のコンサートのゲストで1曲弾かせてもらいました。 曲は金子万久先生の「悲しきエンディミオン」です。 万久風にヴァリエーションをつけようとしたら落ちそうになりましたが、自分的には納得のいく演奏でした。 ほとんど練習できなかったので、ぶっつけ本番でしたが、うまくいくときはうまくいくのでしょう。 頭を空っぽにして自分の音をよ~く聞きながら演奏しました。 今日の収穫は、会計のTさんが聴きに来てくれたことです。彼女のアルトサックスと合わせる約束をしました。 とりあえず、秋の室内楽研究会のコンサート(出して貰えればだけれど)で「帰って来たツバメ」をやってみることにしました。

アンリ・サルヴァドール氏が

2007年07月18日 15:00

本日7月18日満90歳の誕生日をお迎えになりました。

ラ・ロシェルのフランコフォリ

2007年07月16日 16:17

新記録の70700人を集めて16日に終了。出演はイジュラン、ミュラなど。

フリーベース解禁

2007年05月11日 14:57

実は秘密があって

音楽をする人たち

2007年05月08日 00:08

朝の通勤途中で、職場の会計担当者を追い越したら、楽器ケースを背負っていた。 こちらは自転車なので、そんなに観察できなかったけれども、おそらくはアルトサックス。 仕事の合間に顔を見に行くとデスクの後ろにそれが立ててあってセルマーのロゴがある。 はっきりしてすっきり。 ちょっと話を振ると、「おじさんバンドで」ジャズをやっているという。 そのうちにちょっと合わせましょう、レパートリーとキーを教えてくださいとか陰謀を練る。 司書の人もトランペットを吹くと情報を得て、図書室にも行く。 こちらはブラスバンドでマーチとかみんなで吹き鳴らすのが趣味らしい。 定期演奏会のちらしを貰う。アルメニアンダンスとかライオンキングっていかにもですね。 図書館談義でも盛り上がったりして。 そういえば別の同僚はお嬢さんがユーフォニウムを始めたんだけれどもどんな楽器? という話。明日楽器図説をコピーして渡そうか。なんか凄く楽しい職場みたいだ。 みんな音楽をやっています。ちゃんと生きてて、趣味で音楽。 素晴らしいなと、素直に思う。

イベントとライブのお知らせ#24.3(6/5/2007)

2007年05月06日 15:17

5月23日(水)国分寺クラスタ。アコーディオンソロで30分のショートライブです。アコの極め付けを並べる予定。 9月17日に柏アコパがあり、前日には関東アコのソロのコンクールがあります。公の場所にあられる予定は残念ながらこれくらいです。もちろんホームグラウンドのはずのでのアコーディオン・デュオ「五月の巴里」をなんとかするとか、愛すべきたかひで君とのデュオというかユニットというかコンセプトというか、あのハルムハルムもあるでしょうとか、ヘブンアーティストはどうするとか、未来は常に開かれているのです。あ、そうだ。誰か僕とフランスのアコ講習行きません?

かるふーる に行ってきました

2007年04月06日 09:08

くどう えり さんのアコーディオン交流会へ立川まで。

歌う(歌うように弾く)こと

2007年04月02日 16:50

先日の日記で書いたジャン・コルティのボーナストラックを聴くことが出来ました。パリ在住YTTのツシマ氏のご好意であります。

全アコーディオニスト必聴

2007年03月31日 12:36

パリのYTTのツシマさんから届きました。jean CORTi の新譜 VERSATiLE とMARC PERRONE の最新作 les p'tites chansons de MARC PERONNE です。この画像を見て「わぁっ」というひとは僕の同志です。

musicien ですが、ミュージシャンとはいえないなぁ

2007年03月30日 11:51

水曜日は金子先生のレッスン。木曜日も人前でちょこっとアコーディオンを弾きました。

第2回柏アコパ

2007年03月26日 15:50

行ってきました柏アコパ。

イベントとライブのお知らせ#24.0(26/3/2007)

2007年03月26日 12:40

5月23日(水)国分寺クラスタ。アコーディオンソロで30分のショートライブです。アコの極め付けを並べる予定。 その他、アコーディオん喫茶かるふーる4月6日夜にも出没の予定。それから、9月は17日に柏アコパがあり、多分下旬に関東アコのソロのコンクールがあります。公の場所にあられる予定は残念ながらこれくらいです。もちろんホームグラウンドのはずのでのアコーディオン・デュオ「五月の巴里」をなんとかするとか、愛すべきたかひで君とのデュオというかユニットというかコンセプトというか、あのハルムハルムもあるでしょうとか、ヘブンアーティストはどうするとか、未来は常に開かれているのです。あ、そうだ。誰か僕とフランスのアコ講習に行きませんか?

アコーディオンな3日間

2007年03月22日 22:56

ごぶさたしていましたが、インフルエンザとか花粉症とか仕事とかしていました。なんとか今年度の仕事も終わりゲンズブールの命日にポルナレフは復活し、僕もアコーディオン・ライフに帰還した訳です。

イベントとライブのお知らせ#22.0(20/2/2007)

2007年02月20日 22:21

5月23日(水)国分寺クラスタ。アコーディオンソロで30分のショートライブです。今日(2月20日)は葦でだらだら弾きます。

ピアソラ

2007年01月15日 20:29

昨日のブログで書いた話ですが、やっぱりピアソラがみんな好きなんですね。

御喜美江先生

2007年01月14日 09:35

日本のアコーディオン界の第一人者は誰か? という問いには

行くよりも来るもの

2007年01月09日 23:23

だんだん話が抽象的になってしまっているので

音楽的許容量

2007年01月08日 21:19

微妙に昨日の続きですが、一人の人間が楽しめる音楽の量や質には限界がありますよね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。