スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アコーディオン・コンクール3位入賞報告

2005年09月29日 00:06

遅くなりましたが、10日前のコンクールの詳しい報告です。 そろそろほとぼりが冷めてきたので冷静に報告できるというのと毎月立川の「アコーディオン喫茶かるふーる」(こちらにも案内があります)でご一緒していて今回のコンクールの同じ初心者の部に出場され激励賞をおとりになった萩本善久氏がご自身のブログでご報告されているのを発見したからであります。萩本氏は大変謙虚で「ほめて下さったとこは省略して」講評を紹介されていらっしゃいます。真似ができないなぁ。 さて、今回参加したのは第17回関東アコーディオン演奏交流会という「学び合うためのコンクール」でありまして、僕の出場は「経験3年程度」の「初心者の部」で金子教室(東京アコーディオン教室)の門を叩いたのが3年前の7月末日でありますしボタンに転向したのが昨年の初春ですから堂々の初心者な訳です。 出場者は10名(こちらの東京労音アコーディオン研究会「お知らせ」に一覧があります)でしたが驚くべき高水準で後の中級よりも全体の出来は良かったらしく優勝された方など講評で「中級で出て頂きたい」と言われるほど。それもそのはず8月の国際コンクール一般の部で努力賞を取られた方でした(曲目も同じ)。要するに初心者の出場者は、参加することに意義がある「学び合うためのコンクール」というより入賞を狙って出ていた感がありました。 実際には出場者は他の出場者の演奏を聴くことができず、僕は7番目でしたから最後の2人しか聴けませんでした。つまり1,2位の演奏を聴いてない訳で3位といわれても実感が湧かない感じがあります。 自分としては、予想外に「あがってしまった」ため、はじめの方がもたついてしまった半面、テーマを繰り返すあたりからは開き直って伸び伸び演奏できたので80点の出来だと思っていました。ここでも78%の法則が生きているのかもしれません。 司会の方に「出場者からのメッセージ」というものを読み上げて頂くことができて、僕が提出したものは「1859年パリで初演され大成功をおさめた、いかにもフランス的でスィートなオペラよりお届けいたします。劇中では合唱を伴いますが、管弦楽や独奏曲として様々な編曲で親しまれている名曲です。本日、恩師「金子万久」の編曲でお聞かせできるのを嬉しく思います。」というものでした。曲目は「歌劇『ファウスト』第Ⅱ幕よりワルツ」シャルル・グノー作曲、金子万久編曲、ちなみに所属団体!は東京アコーディオン教室新宿練習会で、先生の教室ではなく自分のサークルなのが微妙。演奏後に司会の女性から「演奏する姿がとってもスィートでした」とのコメントを頂きました。演奏する様子が気持ちよさそうだとは立川で弾くときもいつも言われるのですね。自分では普通なのですが。一度ビデオで見てみたいものです。 知っている人からも知らない人からも演奏後にいろいろとお褒めと助言を頂き大変に嬉しかったのですが、金子先生曰く「わざわざけなす人はいないよ」が腑に落ち、だんだん冷静になってきています。でも3位と発表されたとき、会場で僕の後に座っていた美人が「あれ、あのひとが一番良かったのに」と言ってたの本当に嬉しかったなぁ。 入賞の勢いで打ち上げにまで出てしまいました。審査員の先生方、実行委員の皆さんの音楽とアコーディオンに対する情熱に触れられたのも収穫でした。その席でコメントを求められ「2年後も(ソロコンクールは隔年なのです。このコンクール以外は3年に一度の国際コンクール。アコーディオンってマイナー楽器です)初心者で出ますから宜しく」と宣言してしまいました。う~ん、図々しい。 図々しいついでのようなものですが、審査員の先生方に頂いたコメントを「ほめて下さったとこは省略して」でなく「そのまま」ご紹介させて頂きます。 「ウィンナ・ワルツにしてはややおとなしい仕上がりです。ともあれ、ていねいにひきこなしていることに共感がもてます」川口裕志先生 「私も大好きな曲です。よい演奏をありがとう。暗プでしっかりひいていますね。あと、もっとメリハリをつけて強い音を出すところがあってもよいのでは、、、、」中山英雄先生 「力まないで、ていねいで音の一つ一つを大事にしている所がいいですね。FFFの音がみじかすぎる。がスッキリとして、すてきです」木下そんき先生 「先生の「味」が感じますね!両手のバランスもよかったです。右手の腕をもうちょっと前に」虞錫安先生 「テンポに気をつけた演奏ができました。機会があったら原曲を聞くと良いと思います。スピードを上げて。軽やかに」西尾正先生 「品のよいすてきなワルツでした。テンポの「揺らし方」も適切でいい感じでしたよ」青山義久先生 「すばらしい演奏でした。フレーズの接続のタイミングなどとても良かたです。また聴かせてください」山岡秀明先生 「とても表情を持った、すてきな演奏でした。強弱の表現をもっと欲しい感じがします」松永勇次先生 虞先生の「右手の腕を」は積まれた本に挟まれた狭いスペースで練習している自分を省みて赤面もの。また木下先生松永先生には審査用に提出した楽譜にもご親切なアドヴァイスをいただきました。審査員の諸先生方、実行委員の皆様に感謝申し上げて本日の日記の終わりとさせて頂きます。
スポンサーサイト

怒りと響き(アンカー・アンド・シガレッツ)

2005年09月27日 22:43

今日は日記を書こうと思って、とりあえずタイトルを決めたのですが「ええと、フォークナーにそんな題の本があったなぁ」「そのままではつまらないから嘘の原題をつけて」「ひびきじゃなくて煙草の名前はエコーだったけれどもいいか」と意識は流れ、でも念のためとネットで調べたら、フォークナーの本は『響きと怒り』。原題は「サウンド・アンド・フューリー」。「ひびき」という煙草もちゃんと実在:いいかげんなニッポンの私です。 で、そういう私は仕事でもミスをするのですが、仕事しています。この日記を読んでいる人がどの程度の割合で御存知か判らない、というか誰が読んでいるのかあんまり把握できてないんですが仕事してるんですよぉ。鈴木亜紀さんがご自身の東京のライブによく来る男性一人客は皆ワケアリに見えるとおっしゃっていて、どうやら僕もそのなかに入っているのですが、そこはそれ、それなりにね。 最近読み続けていた斎藤一人関係の本に仕事なんて78%しか本来できないのだから完全にやろうなんて思ってはいけなくて次の機会に残りの78%をまたやればいいというのがあって、思わず脳内でアキレスと亀が走り出しますがそう考えると一応は気が楽になります。 でも今日はミスをがんがん指摘されて結構凹んだ。でも大抵の話が「そんなことをされると、あんなことになってしまうかもしれず、そうしたら俺は責任が取れないよ困るよ」という落ちなので結局は自分のために怒っているのだと思うと取り敢えず頭を下げましょうということになります。 それでもくたびれたのでおやつを買いに外出したら道で会うはずのない知人に15年振りに再会して実は僕はその人を認めるのにちょいと苦労したのですが当方は「ひとめでわかった」らしくて、それほど進歩がないのなら仕方がないか。 その後は会議があったりして職場の数少ない友人が非難を受けつつも頑張ってて自分はあの程度で落ち込むこともないか僕だったらあんな言われかたしたら家に帰って日本刀とか振り回しちゃうよ持ってないけどさと人の不幸で持ち直したりしてプチひとでなしのような気もしなくもありません。 なんとなく怒っているのだな自分と、思いついた日記のタイトルに教えられます。

お買い物

2005年09月25日 00:08

いやなんてことはない所謂ネットオークションでなのですがこんなものを買いました。オークション的な競争もなく開始価格でさっと落とせたのですが、それが高いか安いかもわからない。ヨーロッパから送られてくるので価格の3分の1ほども送料がかかりました。それが良いかも判らない。 ただ、確かなことは、これで夜中でも右手だけは練習ができる訳でますますの精進に励もうではないかと言うことです。あとはピアノ鍵盤はしばらくお休みということですね。

三木助の「芝浜」

2005年09月24日 00:01

思うところあって、昔の演芸や落語をCDで図書館から借り出しては聴いております。 最近の中では本当に良かったのがこれで、思えば子供のころから好きな話でしたが、 久しぶりに聴いてほろっときてしまいました。 しかも理由がわからない。 三木助というのは東京人なのに上方で修行をしたり、戦時中に落語をやめて踊りの お師匠さんになったりと、結構「ごもく」な人なのが身につまされるのかもしれません。 どうってことないはずなのに良い話ってあるんです。

骨董市に行ってみた

2005年09月23日 23:39

モノレールに乗って平和島の骨董市へ。 結局楽器と本とCDをチェックしてしまう自分が悲しい。 鼓があったので、ちょっと欲しくなる。ジェンベよりも欲しい。結構ひもがぼろぼろなのに良いお値段なので買う気がしない。アコーディオンも1台だけあったが中国製の「英雄」の黒鍵のない白鍵だけ10鍵くらいの、おそらくは押し引き異音のディアトニックの楽器で蛇腹は紙の筈。要はおもちゃで状態も良くないのに4500円の値が付いていた。でたらめである。新品で2000円以下で入手できるのに。。。 本はアンドレ・モロアの『フランス破れたり』昭和15年があった。状態は悪い。全体に身をくねらせている。500円と言うが「200円じゃなければ買わない」と言い放ったら200円になった。神田で丁寧に探せば100円だという自信があるので強く出られる。 CDはクレオールという日本語のユニット。「フェイクボサノバ」と帯で名乗ってしまっているけれどもいいのだろうか。100円なのと、「彼女と彼のソネット」(タンヴァパ)のカヴァーが入っていたので購入。見本盤であった。10年くらい前のものなんですが、どのくらい製品として流通したのだろう。 後は乳白色のガラスのコーヒーカップが気になったので購入。毎日使うコーヒーカップは時々新しいのを下ろした方が運がつくというDrコパの説を取り入れているので今年度下半期の職場カップに採用することにする。風水は気に入ったものだけ実践する派です。実はセブンイレブンのスヌーピーマグカップにするべく着々とポイントが溜まっていたのだけれども、それは来年度上半期か新年から使うことにしようか。 他に印象に残ったのは、シロクマの毛皮があって何故か顔の部分(つくりもの)が、これまた作り物の人参をくわえていたこと。会場を回るたびに犬張り子の形をした陶器の貯金箱とやけに目があったこと。シロクマはともかく貯金箱は買っても良かったのだけれども、下らない置物を増やして結局捨てることになっても可哀想なので我慢。

東京アコーディオン教室

2005年09月22日 22:44

予期せぬお電話を頂いたために、ご報告は終わっているものの、コンクール後最初のレッスン。改めて3位入賞のご報告。予想外に喜んで頂いてたいへん嬉しい。 先生が月曜日にお電話下さった真意はコンクールの結果をお知りになりたかったからではなく衛星放送の録画依頼のためだったことも確認できたが、それでこそ先生。 あらためて先生の曲集「アコーディオンポピュラースタンダード」を順番にちゃんと仕上げること、「ラクンパルシータ」と「パリ空」(の本当のキーのヴァージョン)を上げることが当面の課題となりました。 午後に谷口楽器の仮店舗を訪問。ほぼ倉庫状態なので、はやく新社屋ができて欲しいものです。 来週はヴィクトリアの新店舗に行ってみようかしらん。

高鳴れバイヤン

2005年09月21日 22:31

昨日テレヴィで見たフローデ・ハルトリ氏の楽器はボタンアコーディオンなのですが、右手の配列が僕のイタリア式の楽器とは逆で手許に向かって高くなる並びで、左手もベースとコードではなくて単音が鳴るフリーベースなのですね。そういう楽器をバヤンといい、主に北欧のクラシック、現代音楽系で用いられるのですが、箱根ガラスの森に来ていたイタリア人奏者も「僕の楽器は左手がバヤンと同じシステムになるのだ」と言っていましたから、クラシック界では地域を越えた普遍性があるようです。(彼はcoba氏も出たイタリアのアコーディオン専門の学校の卒業生で右手は45鍵の拡張ピアノ鍵盤というクラシック系のスタンダードでした。左はコードも出せるコンバーターシステムのようだった。) で、最近気付いたのですがバヤンってロシアの唄「トロイカ」で「高鳴れバイヤン」と歌われているあれだったのです。僕にはほぼ意味不明だったのですが、検索してみるとこんなブログ(ちょっと探しにくいですが27日の記事です)があって、「ちなみに、2番の「たかなれバイヤン」の歌詞のあとに、音楽にあわせて「バイヤンてなんだ?」と合いの手を入れると、Z太がかならず「ロシアの楽器!」と答えを入れてくれる」とありました。う~ん、幼児教育は進歩しているのですね。僕が子供のころなんかバイヤンもペチカもサラファンもカリンカも、そういえばトロイカそのものだって明確なイメージを結べていませんでした。実は今も怪しいけれども、とにかくバイヤンと歌うたびに「仕掛人藤枝梅安」の緒形拳が浮かんでいたような気がするんだけれども年代があっていないアナクロニスムが発生していてとりあえずいい加減なのです。 それを考えると「モントーバンの火」を怪異現象だと思っているくらいどってことないですね。

ハルトリで眠れない。

2005年09月20日 21:14

ええとね、昨晩のことですが恩師金子万久からお電話を頂いたのです。 これはてっきり、流石の先生も僕のコンクール結果が気になったのか知らんと己惚れ鏡と相談しつつ持った受話器の向こうから先生仰るに「あしたハルトリさんがBSに出るから見なさい」。 おやおやと思いつつ3位でござんしたとご報告申し上げお喜び頂いたのですが本当のところ先生はアコーディオンジャーナルにコンサート評を書いた責任上(コンサート評は本名の方の「複数的個体」のひとつが書きました)是非とも見なさいと仰いたかったのか、それともそれにかこつけてコンクールの結果を訊きたかったのか、いや後者はありえないな。 てなわけで、実のところ仕事でヘロヘロしているのですが、帰宅早々ハルトリ先生の武蔵野のリサイタルを拝見致しました。どうでもいいけれども今日のタイトルが判る人ってどのくらいいるのかしらん。 結論を言うと僕が行った現代音楽中心の横浜のコンサート(しつこいようですが、というか、ハッキリしつこくて申し訳ないのですがアコーディオンジャーナルの最新号にコンサートレビューが載っているのです)よりも武蔵野の方が楽しそうですね。 最初がグリーグの叙情小曲集ですね。ハルトリ先生お国自慢ですが、ACCでも先日の関東アコでも本荘雪子さんが「郷愁」をとりあげていらっしゃいましたから、これからグリーグブームが来るかもしれません。 あいかわらず楽しいノルウェーのフォークソングもあり、アンコールがフロシーニでした。 あれあれ、結局はアコーディオンノリの強い曲が良かったなという結論で毎度申し訳ありませんがテレヴィで見ても素晴らしいハルトリさんでした。今度は現代音楽でない方のリサイタルに行きたいものです。ピアソラ(ガリアーノ編)も「アディオスノニーノ」も良うござんした。

コンサート入賞!

2005年09月18日 06:12

以前から騒いでおりました関東アコーディオン演奏交流会のコンクールが行われ、初心者の部で3位入賞いたしました。関係の皆様に御礼申し上げ、ご報告致します。詳細はおいおい当ブログ上でご報告致します。まずはお知らせと御礼まで。

ルイス・フューレイ讃

2005年09月17日 21:55

前日16日がヴァリエテ・ナイト#8今年度再開第1回でした。結局第1部の最新ヴァリエテ情報は2003年3月のララ・ファビアンのオランピアのコンサートを見て頂きました。一人だけですがララ・ファビアンの大ファンを作れたのでイベントをやった甲斐がありました。 で、しみじみとライヴヴィデオ『アントゥタンティミテ』のエンディングを見ていて感動したのは演出がルイス・フューレイだったことですね。あぁ、ルイス・フューレイ。20年来ファンをやっていた甲斐がありました。なるほどアズナブールのカヴァーが「人の言うように」なのが納得ですが、よく考えるとルイス先生にはキャロル・ロールがいるのはなぜなのかしらん。ま、良いか。 それはさておき『アントゥタンティミテ』の素晴らしさはルイス・フューレイがあればこそだったのですね。 さて、残りのヴァリエテ・ナイトの報告ですが山本さんは相変わらずの絶好調でした。次の登場が楽しみです。

ヴァリエテ帰還

2005年09月16日 13:00

結局、1ヶ月も日記が空いてしまいました。ヴァカンスが終わった途端の体たらく。 そもそも8月20日から出張に出て、出張前は忙しくて書き込めず、出張中はネット環境が無い!(外線電話さえかけられず、PHSは当然圏外でした)ために時間はあっても書き込めず、出張後は忙しかったのとネットに関係なくても生きていけるような気がしたので書けなかった。ああ、結局理由は無かったのです。ネタも結構あったのですが。。。 しかし「恥ずかしながら戻って参りました」。 そういえば書かない間にアクセスが12.000になってました。皆さんありがとう。これからも宜しく。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。