スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FM40周年

2009年02月28日 22:00

いつもより早く眠ろうと思って、早い時間に寝に行きます。珍しいことです。
眠くなるまでFMでも聴こうかと思いました。これも、珍しいことです。
こういうときに限って、珍しい番組が流れていて眠れなくなってしまう。
これは珍しいことではないのです。

たまにラジオを聴くと何かしら発見があります。でも、それに味をしめてしばらく聞き続けても、最初ほどのことは起こらない。ビギナーズラックなのでしょうか。毎日働いていないと獲物は木の根っこにぶつからないのでしょうか。

今日の兎はNHKFM開局40周年記念番組でした。聞いたことがあるけれども誰だかわからない人が話していると思ったら世界のサカモトです。最初は過去の放送資料から小泉文夫さんと柴田南雄さんの番組の録音。お二方とも声がお若いのに驚きます。小泉さんはもちろん民族音楽の紹介、柴田先生はペンデレツキのルカ受難曲の日本初演と「7のヴァリエーション」(黛敏郎&マコトニオ・モンロイの電子音楽)の解説をされていました。日本では音楽そのものが稀少だったせいか、事前に勉強しなければ聴かせていただけなかった、そんな時代があったことを思い出しました。今は、音でも映像でもアクセスは容易です。その分教養主義の旗色は確実に悪い。それでも知らないものを聴こうと思うことはないのだから、何らかの情報を得てから接するのは今も昔も変わらない。昔の事前情報十分の方が良かったのかもしれないとか考えました。いずれにしても柴田先生の解説には僕も凄くお世話になった口なのでありがたくも懐かしく聴いたのでした。NHKとサカモト氏も曲より解説を紹介することに力が入っていた気がしました。

最後のコーナーは、坂本龍一氏の番組の懐古で、ずいぶんと聴き覚えがあったのにビックリ。特に第1回のオープニングがサカモト氏自身のthousand knivesとジャパンに教授が書いた曲のメドレーだったのだけれども、一瞬フィル・グラスがツナギで入るのをしっかり覚えていたり、当時浪人のトワ・テイの投稿作品とか、ラロトンガ島での録音番組とか全部知っていた。

とにかく10代から20代半ばの僕はFMをよく聴いていたみたいです。

スポンサーサイト

アンナ・ミラーズと思ったら

2009年02月27日 22:00

雨が降ったので、いつもは自転車で行く職場に歩いていきました。iPodの充電が切れていたからラジオを聴きながら。自転車の時は危ないからイヤーレシーバは使いません。

ビルの近くを歩いたり、建物の中を抜けたりするので、とぎれとぎれになるFM放送で、凄く良い曲がかかりました。曲名は聞き取れません。男みたいな声だなぁと思う。サビの一番決めのところで電波状態が悪くなったんだけれども「アンナ・ミラーズ」と歌ったみたいに思えました。ただ、あまりに脈絡が無い。でも、そう思って聴くと2コーラス目でも「アンナ・ミラーズ」と聞こえます。う~ん。アメリカにも制服フェチとかいるのだろうか。

曲が終わるとMCが入ってアーティスト名はわかりました。Jason Mraz氏は丁度来日中だそうです。こんな素晴らしいアーティストを僕は知らなかったとは不覚。まぁ、いつものことですが。

帰宅して早速検索すると正解は、«I'm yours»。そりゃそうだ。アンナ・ミラーズもフーターズもありえない。

クラリオン

2009年02月26日 22:00

2月25日付けのエントリーで24日の食事会の話を書きましたが,その席でのことです
[クラリオン]の続きを読む

80年代ポップ・フランセーズ

2009年02月25日 22:00

昨晩は地元K坂のフランス料理店で職場の同僚と食事会でした。以前にも同じようなネタを扱いましたがBGMのお話しです。
[80年代ポップ・フランセーズ]の続きを読む

河口と管楽器の関係

2009年02月24日 22:00

最近は全く演奏していないのですが、僕はアマチュアのクラリネット吹きとして、中学から大学までオーケストラに在籍していました。
[河口と管楽器の関係]の続きを読む

頭の中で流れる曲

2009年02月23日 22:00

中学生の会話が聞くともなしに聞こえました。昨夜ミュージックステーションで聴いた曲が一晩中頭を離れなかったと。いろいろ羨ましい。ヒットチャート番組をチェックする気持ちを僕は失ってもう久しくなりました。そんなに新しいものや美しいものがあるわけではない。最新のものを知らなければという焦燥とは無縁になりました。あと、音楽に取り憑かれる感じがいいですね。これはいまでもあるけれども、気になることがずっとある思春期の気分とはちょっとちがう。ホーギー・カーマイケルのスターダスト

Sometimes I wonder why I spend 時々なんであんなふうに過ごしたんだろうと思う
The lonely nights ひとりぼっちので幾晩も
Dreaming of a song. 一つの歌を夢見ながら
The melody haunts my reverie メロディーは僕の脳裏につきまとう
And I am once again with you. もう一度僕はきみと一緒にいる
When our love was new, and each kiss an inspiration. 僕らの愛が初心だった頃は、キスの一つ一つが霊感に満ちて
But that was long ago, and now my consolation でもそれは昔のことで,今僕の慰めは
Is in the stardust of a song. 歌がくだけ散った星屑の中にある

と、歌につきまとわれる気分がありますが、メロディーが頭から離れないのって、どんな感じなんでしょう。

僕の場合は、曲が部分的に頭の中で再生されると、しばらく続きますが、CDのトラックをエンドレスにした感じではなくて、集中していないと隣の部屋で鳴っているような感じがします。メロディーは意識しているけれども、サウンドの細部はわからない。思い出す時は結構細部まで再現されるようなのですが。

そもそも頭の中で曲を思い浮かべる、思い浮かべ方が問題で、なんだか全体としてステージに呼ぶみたいです。それからあらためてディテールを考える感じですが、意識して接していない音楽は部分的だったり、ぼんやりしたイメージだったり。

要は音楽的能力と関係があるような気もします。曲を全体として捉えられないと、全体として想起できない。細部まで把握していないと、はっきりと思い浮かべられない。おそろしいことに、僕は音楽の捉え方が、この数年で変化しているらしいのです。1年半ほど前に、音楽の才能が明らかにある人と話をしていて、音楽を立体として捉えると言われた時は、全くわからなかった感覚が、そんなものもあるかもしれないぐらいにはわかってきたらしい。生きていると、いろいろ変化が会って面白い。

パリ空

2009年02月22日 22:00

好評の谷口楽器サンデートーク「アコーディオンを語る集い」に行ってきました。今回は自分が講師で、タイトルは「アコーディオンにまつわるシャンソンの名曲~パリ空」みたいな感じでした。

このシリーズも数回目なのですが、だんだんとお客さんが減って来たので、フランス留学やフランスのアコーディオンメトード(教授法)から一転、新機軸を打ち出し、アコーディオン界のみならずシャンソン業界にも口コミを行い、友人知人をゲストに招き、営業努力の甲斐あって定員20名を越える予約を頂き、当日は30名近くの方にお集まり頂きました。

内容は、アコーディオン奏者、愛好家ならば誰もが知っている名曲「パリの空の下」にまつわるお話しの数々でした。ほとんどが関東アコーディオン演奏交流会のニュースレターに書いたことで、僕のウェブサイト「ポップフランセーズ」にも掲載している(その1その2その3)でも読める内容ですが、実際に映画のシーンをDVDで見ていただいたり、ピアフや、三大テノールの歌を聴いていただいたり、クレール・エリジエールやダニエル・コランのCDは帰りにお買い求め頂けたりできた強みがありました。

それから実演です。「パリ空」はだれでも知っている曲だけあり日本には数多くのアコーディオン編曲が存在します。まず僕が恩師金子万久の編曲でトークショーの最初に弾きました。話だけするな必ずアコーディオンを弾けというのが生前の恩師のいいつけでもありますし。

休憩をはさんで後半は、柴崎教室でともに研鑽に励む仲間に弾いてもらいました。最初が僕のデュオの相棒であるMさん。江森先生のアレンジです。続いて青山先生の編曲でKiさん。最後にドイツのホーナーの楽譜のヴァージョンでKoさんです。

幸い、次回の予定も決まりました。次は6月21日にミュゼットの話をします。

Lovely

2009年02月21日 22:00

もう1ヵ月ほどになるでしょうか、折りにふれて読み続けているとあるブログがあります。英単語暗記に関するブログなのですが、お天気をめぐる表現に関するこんな記事がありました。

ちなみに a beautiful day といっても a lovely day といっても 「いい天気」 という意味であるが、 beautifful は単に気象上「天気がいい」ことを意味するのに対し、lovely はそれを言う人の気持ちを伴って「気持ちがいい」ことも意味する。たとえば、カンカン照りが続いたあとに一雨来て気持ちがいい場合に a lovely day と言える。

気になったのは、この箇所、特に lovely という語です。

日本人がラヴリーなというのとは語感がずいぶん違うみたいです。ええと、日本人のラヴリーは、例えばこれです:小沢健二「Lovely」

メロディーの楽しみ、伴奏上達法

2009年02月20日 22:00

昨日は月に一度の池田アコーディオン教室で小平市小川に行ってきました。
[メロディーの楽しみ、伴奏上達法]の続きを読む

ラジオ深夜便は侮れない

2009年02月19日 22:00

前の晩のマントヴァーニが良かったものだから同じ時間のラジオを聴きました。

トリオーナ・ニ・ドーネルのマイ・マザーズ・ヴォイス(MY MOTHER'S VOICE / TRIONA NI DHOMHNAILL)です。リンクを貼ったウェブページで聴けます。何故聴けるのか聴いちゃっていいのか判然としないのですが、とりあえずちゃんと全曲聴けます。

ピアノ・ソロの名曲でした。ケルト系のバンドのピアニストが1曲だけオムニバスにソロで提供した曲で、ウィンダム・ヒルの幾つかのオムニバスアルバムで聴けるようです。なんと渋い選曲なのでしょう。ちょっとラジオ深夜便の11時台後半は要チェック!かもしれません。

マントバーニ

2009年02月18日 22:00

寝入り端にラジオを聴いていたら、マントバーニオーケストラの曲が流れました。

シャルメーヌです。ハイファイで鑑賞するのも良いけれど、AMラジオで聴いてうっとりする編曲になってるなとつくづく思いました。とにかく旋律を聴かせる「カスケイディング・ストリングズ(滝のような弦楽器群)」の魅力。途中のクラリネットもエコーがびんびんです。

もっとも、あのサウンドはマントヴァーニのある時期を象徴するに過ぎず、パーカッションを導入していたり、サウンドの中核にピアノではなくピアノ・アコーディオンが据えられていたりとなかなか興味深い編成だったことが、ちょっと調べただけでも伺われます。なにしろもの凄く詳しいウェブサイトがあるのです。

それでも魅力の中心は弦、ある時期の編成ではヴァイオリンが6人ずつの3群に、ヴィオラ×6、チェロ×4、コントラバス×3の31人の弦に対して、木管楽器はフルート、クラリネット、オーボエ、ファゴット各1人のの4人、金管はトランペット×2、トロンボーン、バストロンボーン、ホルンの計5人。これにギターと、アコーディオン、パーカッションですから、12人で対処する訳です。

しばらく忘れていたサウンドだったので実に新鮮でした。

ところでタイトルのシャルメーヌですが、encycloの検索結果に「フランスの女性名、英語圏で用いられている」とありました。微妙だなぁ。

中世の歌

2009年02月17日 22:00

前日のエントリー『地上5センチの恋心』をやっと見た話でしたが、最近やっと見たがもう1本。『おかしなおかしな訪問者』の続編『ビジター』です。
[中世の歌]の続きを読む

ジョセフィーンとオデット

2009年02月16日 22:00

最近DVDで映画『地上5センチの恋心』を、やっと見ました。
[ジョセフィーンとオデット]の続きを読む

JAA総会で演奏

2009年02月15日 22:00

この日は日本アコーディオン協会の総会がありました。
[JAA総会で演奏]の続きを読む

アルペジオはもう古い?

2009年02月14日 22:00

この日と翌日は、1泊2日のアコーディオン伴奏講座でした。
[アルペジオはもう古い?]の続きを読む

レイモン・ルフェーブル氏の訃報を追って

2009年02月13日 22:00

山崎肇氏のブログを辿ってみたところ幾つもの記事がありました。
[レイモン・ルフェーブル氏の訃報を追って]の続きを読む

レーモン・ルフェーブル追悼続報

2009年02月12日 22:00

2月1日のミシェル・ルグランは今日もパリに生きてピアノを弾いているにコメントを頂きました。
[レーモン・ルフェーブル追悼続報]の続きを読む

アコーディオンな祝日

2009年02月11日 22:00

今日は一般的には la fête de la fondation de l'Etat 建国記念の日でしたが、アコーディオンの一日でした。
[アコーディオンな祝日]の続きを読む

やっぱり練習量

2009年02月10日 22:00

今日のアコーディオンの練習時間は3時間を越えました。なんか画期的に成果があがります。
[やっぱり練習量]の続きを読む

束の間の幸せ

2009年02月09日 22:00

封切りが近いので、ここのところ『20世紀少年第2章』のコマーシャルがテレビで頻繁に流れていました。
[束の間の幸せ]の続きを読む

天才かもしれなかったエンクミ

2009年02月08日 22:00

今年1月15日付けのブログ「これがロックだ」でラモーンズのことを書いた時になにかが引っかかっていたのですが、急に思い出しました。
[天才かもしれなかったエンクミ]の続きを読む

海外で(だけ)有名な日本語

2009年02月07日 22:00

昨日はあらぬ方に脱線しましたが、ポップ・フランセーズ的にはルイス・フューレの近年の仕事で一番目を惹くのはミュージカル『スターマニア』のモガドール版、20周年記念版の演出だと思います。
[海外で(だけ)有名な日本語]の続きを読む

子どもバンド

2009年02月06日 22:00

ルイス・フューレで、YouTube を検索していたら、
[子どもバンド]の続きを読む

Lewis Furey 来日!?

2009年02月05日 22:00

好きなアーティスト、ミュージシャン数多い中、極め付けに好きなこの人が遂に来日するのですね。
[Lewis Furey 来日!?]の続きを読む

續 ピンク・マルティニとアポリネール

2009年02月04日 22:00

ピンク・マルティニの出世作「サンパティーク」には印象的なルフラン(サビ、リフレインとも呼ばれる繰り返し部分)があります。
[續 ピンク・マルティニとアポリネール]の続きを読む

ピンク・マルティニとアポリネール

2009年02月03日 22:00

やっぱり気になるピンク・マルティニ。ふたたびコメントを頂きました。
[ピンク・マルティニとアポリネール]の続きを読む

バーバーだらけのアダージョ大会

2009年02月02日 22:00

注文したCDがベルギーから!届きました。実は買ったことを忘れていたんですが…。
[バーバーだらけのアダージョ大会]の続きを読む

ミシェル・ルグランは今日もパリに生きてピアノを弾いている

2009年02月01日 22:00

2月になったから、あるいは節分が近いので一区切りという訳でもないのですが、このブログも今日からデザイン一新です。本当に理由はありません。でも、もしかすると無意識に区切りとかそういうことを考えているのかもしれません。木苺茨さん、いつもありがとう。茨さんのブログとデザインがおそろいで嬉しいです。

さて、皆さんは『マルグリット』というミュージカルをご存知でしょうか。もしかすると僕以外は皆さんご存知のような気がします。皆の知っていることは知らない傾向がある僕ですから、今日の午後に、日本版(日本語)公演のPRテレビ番組で初めて知りました。
[ミシェル・ルグランは今日もパリに生きてピアノを弾いている]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。