スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

才能の素晴らしさと空しさ

2009年04月09日 22:00

あまり皆さんはご存じないかもしれないPerfumeの「気になる子ちゃん」も終わってしまい、「(なるたけ)必ず見るテレビ番組」がいまや僅かになってしまいましたが、木曜日の「5時に夢中!」は出来る限り毎週見ています。

今日のその番組内でコメンテーターの作家、岩井志麻子女史が東京で上演中のカナダのサーカス団体シルク・ドゥ・ソレイユの今年の演目「コルテオ」を見にいらしての感想で「努力の素晴らしさと空しさ」について語っていらっしゃいました。

素晴らしいパフォーマンスは多くの人々の努力の結晶である。人間が信じられないほどの努力を注ぎ込むことで達成できる成果を目の当たりにすると努力の素晴らしさを実感できる。これが「努力の素晴らしさ」。

しかし、あのようにパフォーム出来る人たちは神に選ばれた人たちであって、常人が空中ブランコをしようと思い立って仮に1日30時間の努力を続けても、あのようなパフォーマーにはなれっこない。つまり「努力の空しさ」もあるのである。

そういう趣旨のお話しでした。

それを聞いて、仮に岩井志麻子女史であっても僕であっても空中ブランコをしようと本気で思って毎日努力できれば、それなりになってしまうのではないかと思うのは甘いのかな。もちろん、最高レベルには達せないし、空中ブランコの名に値するものにさえならないかもしれない。別のものになるかもしれない。でもなにかしらにはなるだろうとか。

最高でないとだめだと思うと、本当にだめだとは思います。誰もが何らかの才能を持っていることは素晴らしい。ただ最高の才能を誰もが持っている訳ではない。皆が同じように持っていては最高の才能ではないのだから。それは空しいことなのかな。
スポンサーサイト

風の趣くクマ

2009年04月07日 22:00

友人のアコーディオニスト田ノ岡三郎氏に発売前のニューアルバム『風の趣くまま』を送っていただきました。田ノ岡氏は、僕がアコーディオンを始めたばかりのころ、最初に生で聴いたプロ奏者で、彼の定期ライブや、ヘブンアーティストとしての活動場所に通っているうちに、共通の友人がいることもわかり、なんだか親しくしていただいています。温かくも真摯なお人柄はJAAの機関誌のインタヴューをごらん頂けばおわかり頂けます。近年はマルチに活躍されこんなキャラでも…。

去年は関東アコのゲストにも来ていただき、ゲストコーナーの司会をさせていただいたのも楽しい思い出です。

今回発売になるセカンドアルバムには僕がタイトルをつけさせていただいた「夏の想い」が収録されていることもあり、クレジットのスペシャルサンクスに僕の名前が載っているのが、ちょっと、いや大層自慢です。

レーベルのサイト全曲をちょっとずつ試聴できるページがあります。是非聴いてみて下さい。

僕のお勧めは、ジョビンの「ルイザ」と團伊玖磨の「花の街」。「花の街」はJAAの総会のアトラクションでの実演も記憶に残っていますし、田ノ岡ヴァージョンの楽譜も入手可能です。オリジナルではやっぱり「夏の想い」が良い曲です。

名前のイストワール

2009年04月06日 22:00

昨日、平間さと子さんのライブ後にCDを買った際、CDにサインをして頂きました。基本的にサインにこだわりがないので、あまり「サイン下さい」とはお願いしませんが、「サインしましょう」と言って貰うとちょっと嬉しかったりします…。フランスでアコーディオンをお習いしたナタリー先生がご自身のCDにサインをしてプレゼントして下さった時とか嬉しかったなぁ。

そのとき平間さんが「かっちさんへ」と書きましょうとおっしゃって、その日のライブの日程のを確認するために掲示板に質問しただけなのに、僕のハンドルを覚えていて下さったのに、かなり感激しました。しかも「。」がつくのにはこだわりああるんですか?とディテールまで確実な記憶にシャポー。平間さんありがとうございます。

で、今日は僕の現在のハンドル「かっち。」の由来と「。」のこだわり(?)について。

僕が初めてネットで書き込みをした場所は、もう存在しない對馬敏彦a.k.a.向風三郎師のウェブサイトの掲示板でした。そのときに「かつっち」になりました。

よくあるパターンで本名のアレンジです。そのときは無意識でしたが、「~っち」と呼び名をつけるのは、僕が通っていた中学高校に附属小学校からあがった連中が小学校時代にやっていた流儀でして、中学から入った僕には「~っち」と呼び合う附小組の仲の良さが羨ましかったのかもしれません。それがふっとこころのひょうめんにふじょうしたのでしょうか。

ときどき言われるけれど「たまごっち」とは関係ない。

それ以来、ウェブでは「かっち」で通していました。

その後、あるとき「かつっち」を「かっち」と間違えた方がいらして、そのときにすかさず「かっち」に改名したのでした。これは前から考えていたことで、間違えられたら、どんどんその名前に変えていこうと方針を決めていたのです。発想の元は現代音楽のとある曲にあります。全員で同じパターンを繰り返し演奏するけれど、間違えた奏者は間違えを繰り返さなければならない。そのルールで長時間続けるとモアレのような音楽が織り上がる、そういうミニマル音楽があったのでした。

で、次は「かち」に改名する機会もあったのですが、「そんなに名前を変えてどうするのか」「そもそも悪趣味」というもっともな批判を受けて、改名は止めたのでした。

それから「かっち。」と「。」を付けた理由もバカバカしいもので申し訳ないのですが、ネットにハンドル占いというのがあったのです。それを仲間内の皆でやってみたら、僕のハンドル「かっち」はあんまり結果が良くなかったのです。ハンドル占いを載せていたウェブページには、こうすれば運勢が最高になるプチ改名のサジェスチョンがあって僕の場合は「。」の付加がお勧めでした。それで「かっち。」。そのとき「~大佐」になった友人とかいました。

だから「モーニング娘。」とも『元気です。』とも関係は無いのでした。

三文字は聴けず

2009年04月05日 22:00

平間さと子さんというピアニストがいらっしゃいます。ご自身のウェブサイト写真ブログブログをごらん頂けば、そちらにプロフィールもありますが、ソロのピアノでオリジナルのインストルメンタルを演奏される方です。

この方を知ったきっかけはラジオで、たまたま関西に行った折にNHK-AM第1放送の大阪制作の番組で流れた「三文字」というタイトルの曲が非常に印象に残りました。そのときの印象は「歌のないクラムボン」。謎めいた曲名とともに平間さと子の名前を覚え、自宅に帰って検索したところ、関西を中心にインディーズ活動をされてました。これが2年ほど前のことです。

年に1回くらいはある東京でのライブになかなかタイミングが合わなかったのですが、今回たまたま家の近所で無料ライブがあり予定があったので聴いてきた次第です。

よく考えると1曲を1度だけずっと以前に聴いた印象だけなので、実際の演奏は結構イメージと違いました。それに肝心の「三文字」が演奏されなかったのです。

そこでアーティストから直接CDを購入して帰宅。早速聴いてみるとちゃんと記憶通りの曲でした。他の曲とテイストが違うし、特にCDに入っていない最近の曲とは方向が違うので、ライブから外れた理由もわかったような気がします。

ちょっと特別な曲の気がします。どんなアーティストにもある特権的なレパートリィ。NHKは、よくぞ他でもないこの曲を紹介してくれたものだと思います。ラジオ深夜便は侮れない(2009年02月19日)でも触れましたが音楽番組ではなく普通の中波の天気予報の前とかところにより道路交通情報の背景になる歌のない音楽が何気にレアです。そういうインストの委員会があるか、インストの鬼か達人がいて情報提供しているのかもしれないとか妄想してしまいます。

(余談)ミステリアスな「三文字」という題名の謎は、CDのインナ・スリーヴを読んだらなんとなく察しがつきました。要するに一種の伏せ字です。でも、背景になる詩が掲載されているので、あれじゃないかとか考えられます。

(追記)最近、更新が滞っておりましたが、3月30日以降のエントリーも徐々に埋めていきますから宜しく。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。