スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サヴァ、円卓会議

2005年01月11日 18:50

実は、8日が大野修平先生の銀座産経学園講座「シャンソンのベル・エポック」新年第1回だったのですが、その日が仕事始めだったために昼に職場の会食があり新年の乾杯もしてしまって、なんだかくたびれたので、欠席しました。すると大野教室のクラス委員亀井さんが、「さくらんぼの会」(大野修平先生門下生を中心とした親睦会)の会報 Ça va? 125号をすかさず送って下さいました。 素晴らしいのは太田光弘氏の「最近のシャンソン情報」です。これはリンク先でも読めますが、立派なお仕事に頭が下がります。太田氏が「これは」と思ったフランスの音楽情報を翻訳紹介されています。今回の目玉は巻頭の「ベナバール、シェラール、ドレルムの円卓会議」ですね。ジャンヌ・シェラルが高く評価されているというのは喜ばしいことです。シャルル・クロ賞をとったり、コンスタンタン賞にノミネートされたりしているのだから、いまさらという感じがありますが、僕はジャンヌ・シェラルは自分で見つけたつもりでいるのでなんだか不安だったのでした。でもセカンドアルバムが出たあたりから、どこで言及しても安心という感じで、もう紹介するのも今更な感じになってしまいました。(2005年1月16日記)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/166-bb4fd9e3
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。