スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

圧倒的実力

2007年09月12日 23:36

柴崎先生のレッスンに行きました。
日曜日のコンクールを控えて、最後のレッスンでした。

驚くべきは、先生に一緒に弾いて頂くと自分の演奏がみるみる変わることです。
スカルラッティはもちろん、クロード・トマンの曲でさえ。

僕は日本にクロード・トマンを導入しようと思っていますが、柴崎先生の曲想把握力と表現力を前にすると、自分にできることなのかが心配になります。もちろん、そうはいっても誰もしないのだから僕がすることなのですが。

柴崎先生はバロックやクラシックや現代音楽のお仕事が十分すぎるほどおありですし。

素晴らしいと思うのは、アコーディオンでお習いした先生が、金子万久にしてもジャック・モルネ、ナタリー・ブーシェ、フレデリック・デシャンと誰をとってもかけがえの無いナンバーワンというに足る先生方であることです。もちろん柴崎先生も第一人者なのは間違えのないことです。柴崎先生のレッスンは、一緒に弾くことでパワーを分けてもらえるところがフランスで一度一緒に弾いて頂いたスクリャロフに感じが似ています。

YouTube にスクリャロフの動画がありました。
http://jp.youtube.com/watch?v=9O_8z0-RUAs
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/17-51f5905e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。