スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴木亜紀ライヴレポートなど:ミレーヌ・ファーマー関係ネタ

2005年02月13日 22:54

最初は、いわゆる更新情報です。 ○1月15日に行った鈴木亜紀さんのライヴの情報今月の「葦」フレンチ・ナイトの案内 など、ご覧下さい。最近やっと調子が戻ったのですが、アップした記事をじたばたと修正したりして、なんだかまだまだリハビリ中な感じです。 今日は、彩子さんのサイトla Pucelleの日記でNathalie Cardoneというアーティストを知りました。どうもミレーヌ・ファーマー関係らしい。シャルロットの『小さな女泥棒』にでている女優さんだというのだけれども、覚えていない。ネットショップの試聴の限りでは曲は、それっぽくて素敵。廃盤なんですね。この辺ミレーヌ界隈では有名なのかな? ミレーヌといえば、新譜が出ていてネット上で試聴が出来ます。感想を日本一のミレーヌサイト「月のフィラメント」掲示板に書きました。(以下引用) ツシマ師匠がYTTの掲示板でおっしゃる無害なスキャンダラス性は批判されても仕方ないでしょうが、やっぱりリベルティーヌ的なイケイケなノリをもう一度なんでしょうね。あのころは本当にミレーヌ凄い凄い、そんなことやっていいのというワクワク感があったわけです。その頂点が最初のライヴアルバムあたりだというのが僕のミレーヌ見取り図で、実際にはアメリカ時代以降の方が作品のクオリティは上がっていると思うんですね。 その点、今度の曲はラフな感じがかえっていいのかも。聴いた音源の音質が悪いだけかもしれませんが…。(引用終わり) ちょっと舌っ足らずで意味不明ですから正規音源を入手したら再考しなければ行けませんね。ほら、ネット上で自由に音楽に触れられるのは決して音楽産業にマイナスじゃないんですよ。(2005年2月13日記)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/181-59c11e62
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。