スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イベントとライブのお知らせ#27

2007年12月10日 00:00

12月9日(日)午後1時~2時半のタニグチ・サンデートーク『アコーディオンを語る集い』第9回を担当します。タイトルは「フランスのアコーディオン学校の教授法」。
おおやけな演奏予定はしばらくありません。9月18日より移転再スタートの浅草橋「葦」で演奏しちゃおうと目論んではおります。
谷口楽器のトークショーは9月2日の第4回「フランスアコーディオン留学物語」に続いて2回目の登場になります。今回は実技編です。ジャック・モルネ先生創設のスニマの教授法を実際にアコーディオンを弾きながら紹介します。谷口楽器さんのホームページに、そのうちに載ります。来た人は確実に得をすると思います。できれば楽器を持ってお集まりください。もしも満員だったら連絡先を言ってキャンセル待ちをしましょう。それだけの価値のある話をします。

葦が復活したので、定期的に弾きに行って、自分のベースキャンプにしようと思っています。そのうちにゲストも呼びたい。アコーディオン・デュオ「五月の巴里」でもいいし、新曲「叫び」を書いてくれたたかひで君とのハルムハルムでも。サキソフォンとのデュオの計画もあります。乞うご期待。

あと、職場の行事が月末にあるので、室内楽のサークルにゲストで出して貰ったり、カフェのコーナーで勝手に弾いたり、舞台発表の間に適当に曲を流してDJもどきをしたりはします。(2007/09/17(祝) 20:46:10)
スポンサーサイト


コメント

  1. たしろ | URL | -

    いよいよ今日ですね

    ソルフェージュがどのように導入されているかに関心があったので聞きに行きたかったのですが、どうにもならない予定と時間が重なり都合が付きませんでした。ご盛会を祈ります。

  2. カブトガニ | URL | -

    お尋ね

    フランスのアコルデオン雑誌の講読をやめてから三年ほどになり、あちらのニュースに飢えています。

    もし有名アコ奏者がここ3.4年の間に亡くなったりしていましたらお知らせねがえませんか?

    私のサイトのフランス・アコルデオン年表を訂正しなければなりませんが、情報が無くフランスの友人にこの事を問い合わせましたが返事が来ませんでした、若しかしたら彼も亡くなったのではないかと心配です。
    なにしろ私の友人達は皆歳ですから。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/19-155c4aaf
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。