スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Art Deco Musicって何?

2005年04月24日 00:51

ふと気付くと10日以上も記事をアップしていません。 フレンチ・ナイトの報告(告知もしてないしなぁ)や、アコーディオン・レッスン(無理してボタンをしなくてもいいかもしれないという先生の助言が撤回されました。いやぁ良かった良かった)、聴きに行った数々のライヴ(3晩連続で出かけたりしているのです)と、書くことには事欠かず、また書くべきであり、書きかけの文章やアイディアも溜まっているのですが、「なんだか打つポイントが定まっていません。あれでは打てませんね」という感じで、書けなくて困っています。 でも、もうすぐ、いっぱい書きますね。 さて、今日は「アール・デコ展」というのに行ってきました。妙に客観的なのと微妙にイギリス贔屓だと思ったらヴィクトリア・アンド・アルバート美術館の企画でした。出口の売店で売っていたV&Aのトートバッグ可愛かったけれど、6,000円以上したので手が出ませんでした。だれかイギリスに行ったらお土産はあれがいいなぁ。 冗談はさておき(冗談ですよ。お土産はもっといいものが欲しい。いや、これも冗談)、「当時の音楽も聴ける」ということで珍しくオーディオガイドを借りてみました。(基本的にケチなの。) 復元されたストランド・パレス・ホテルのエントランスの前で聴くフレッド・アステアの「踊るリッツの夜」はなかなかでした。他に、 デューク・エリントン「コットン・クラブ・ストンプ」 マレーネ・ディートリッヒ「フォーリング・イン・ラヴ・アゲイン」 リュー・ストーン「ザ・コンティネンタル」 ジョセフィン・べーカー「二つの愛」 ジミー・メッセネ「ソフィスティケーティッド・レディー」 フレッド・リッチ「アイ・ガット・リズム」 というラインナップ。アステアが何故か重用されていて他に「今宵の君は」「シャル・ウィー・ダンス」。 で、こういった曲の入った3枚組CD「The Art Deco Music Collection」(River Records)が3,000円ポッキリで売られてたわけです。音源的にスゴ~ク貴重なものはなさそうでしたが選曲がなかなか目利きっぽくて、ちっとばっかし欲しくなりました。でも、ひょっとしてアマゾンなんぞだともっと安いんじゃないかと欲かいて購入見送ったんですね。ところが! 美術館はアマゾンよりもHMVよりもサーヴィス価格でした。残念!  美術館の音源って意外と狙い目なんですね。スミソニアンで買った「大戦中音楽集成(帰ってくれて嬉しいわ)」とか「ブルース名曲集」なんてカセットが内容も素晴らしかったし、第一滅茶苦茶安かったという体験もあります。(結局それ。) そのうちに日本オタク文化なんて展覧会が開かれて、コミケのポスターとか展示され、オーディオガイドから「ネコミミモード」が流れたりするのでしょうか。(2005年4月24日深夜)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/232-a5005e4d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。