スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の葦

2005年05月13日 14:27

少しでも人前で演奏する機会を得ようと葦へ。お店にはいると常連のシバタさんが、ギターを弾き語り中で、なかなか良い感じです。僕はアコーディオンで「ファウスト」のワルツと「美しく青きドナウ」を弾きました。 この日の目玉は療養中清原まりこさんがカラオケ(ピアノ)持参でお見えになって神曲を披露されたことでした。アルディとトレネ(あるいはパトリック)とセルジュ・ラマ(あるいはティエリ君、ララ・ファビアン)のカヴァー3曲でしたが特筆すべきは訳詞が自作であること。トレネは金子由香利さんが歌われた詞も使いつつでしたが、アルディの曲は日本語詞がないので対訳を参考にしつつの訳詞だし、セルジュ・ラマはただただフランス語を毎日聞くうちに浮かんできた歌詞ということで情報はタイトルだけなのに、それらしい歌詞だったのが不思議でした。本当に慣らし運転でしたが、秋には復帰して頂きたいものです。 それからは僕がピアノを爪弾いて(とはギターじゃないから言わないかな)みんなで歌ったのだけれども図書館で借り出して持参した歌謡曲の曲集が大活躍。「柿の木坂の家」とか「人生劇場」とかいったリクエストに応えられる曲集は偉大です。森山良子さんの曲が多かったのはマスターが成城出身だからでしょうか。 飲んで食べてピアニスト優遇(西部劇みたいだな)でマスターにお勘定を免除して貰って、来週も葦に行こうと誓ったのでした。(2005年5月15日)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/240-c948e3c2
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。