スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年一昔あるいは10年一日

2005年06月01日 23:23

最近本当にテレヴィを見なくなったのに,たまたま点けたら「吉川ひなの」ちゃんがドラマに出ていました.これがとても面白くて原作の松苗あけみ先生も健在なんだなぁとか,ひなのの演技力は特殊だなぁとか,そういえば彼女はカンヌ女優なのだとかいろいろ思ったのですが、一番しみじみしたのは彼女を伊勢丹のポスターで見てから10年の歳月が経っている事ですね. このあいだの日曜日にサンセヴェーリーノのライヴ(ここに記事を書くべきなのはわかっています.大野修平先生の日記の記事に付け加えたいネタもあるし)に行ったのですが,そのために赴いた渋谷がいろいろ変わっているのがやけに目についたものでした. センター街の入り口の門がなくなったとか,アイリスメガネが改装したとかそういう小さな変化. もちろん変わったのは街ばかりではないのだろうな.10年会っていない人には僕が僕だとリコグナイズできないんじゃないだろうかとセンチメンタルになったりします. そういえば先日のフレンチナイトのこと(これも自分で記事を書かなくちゃいけませんね.申し遅れましたが記事仕上げられない病は続いているのです)がアコーディオンを弾いて下さった熊坂さんのホームページの日記にありました.なんと写真があるんですよ.まいったね. なんていいながらリンクしちゃうけれど、それはその写真があまり明確でないから許せるんですね.先月の某所で撮られた写真なんて自己嫌悪してしまいました。撮影者や紹介者のせいではなくて僕が悪いのだな。あっちだと10年会ってない人には本当に僕だとわからないんじゃないかと思えるのが救いといえば救いか。 ちょっと10年後のことも考えたりしている今日この頃です.
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/243-6edbbaa5
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。