スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピムスを飲みながら(含む金子教室の話題)

2005年06月23日 21:37

今日は金子先生のレッスンだったのですが、特別なことはありません。この1週間僕的には集中的に練習した「アズタイムゴウズバイ」は練習をしてきたことを認めていただいて「自家薬籠中になりつつありますね」とお褒めいただいたのですが、それにしても暗譜にはもう一歩ですし、今日は「美しく青きドナウ」がへろへろだったのですべて台無しです。 そして宿題の数々: ・「光と陰」(イタリアのワルツ)をもっとさらうこと。 ・金子元孝曲集(全音の)より「第三の男」 ・ボタンアコでも「ラ・クンパルシータ」は弾けた方が良いよ。 ・「パリ空」はシンキョウ社の譜面で弾きましょうか? さて、来週までに、どれができるやら。この宿題は先週も出たのです。 すっかり夏ですね。毎日曇り空なのでイギリスを思って ピムス・ナンバーワンカップを飲んでいます。 リキュール類というやつで、いろんな薬草が入っているらしくイギリスのパブの定番!らしいのですが日本では一時入手できませんでした。近所のバーが持っていたんだけれど注文してもおいしくないのです。「ケチって薄く割るからだ」と思ってなんとか自宅で心ゆくまで濃ゆいピムスを飲むのが夢だったんですが、最近(サンセヴェリーノのライブの帰り)渋谷で瓶を見つけて、それが驚くほど安く満を持して家で飲んでいます。ところが、好事魔多し。何故かやっぱりあんまおいしくないんですね。ピムス見つけた店で買ったウィルキンソン辛口ジンジャーエールで割ったのが一番おいしかったのですが、それ以来いろんな割り物試してみるものの、どれもこれもピンと来ない。今日は三ツ矢サイダーで、これが意外にそこそこイケてるんすが、あのロンドンの、××(観光で行った田舎。当然地名を憶えていない)のパブの美味しいピムスはどこへ行ったの。キュウリ(ピムスにはキュウリのスライスを入れるのが本式なのです)がないのがいけないのかなぁ。と思いつつも実は正解は判っています。イギリスの風土がなければピムスはイケてないのです。同様の飲物にゲンズブールも愛した「リカール」(102だっけ)などのパスティスがありますね。あれも日本で飲んで美味しいと思ったことが名店オバカナルにおいてでさえ一度もなかったのですが、南仏でフランス人の家に御夕食をおよばれしたときにアペリティフでいただいたパスティスは実に実に美味でした。そういえば秋田でご馳走になった日本酒も絶品だったなぁ(日本酒は苦手な僕ですが)。いまさらなんですが某神楽坂の音楽出版社勤務のO君あのときはありがとうね。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/249-bf386d63
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。