スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコソギ(中)読了

2005年06月30日 20:54

ユリイカが特集を組んだから! というわけでは決して無く、おそらくもう忘れてしまった些細な理由で西尾維新を読み始めたんだけれど、やっぱりヤラレタ。ご多分に漏れず「バックスクリーン直撃のホームラン!ただし始球式みたいな!」の巫女子ちゃん的なレトリックに一番やられ。二番は、二番は、、、。。 理由が思いつかないんですが、最新作は買うぐらいにはファンなんだから許してくれるだろう。って誰が? やっぱり言葉の奔流ですかね。単語の羅列というと悪意か。最新作はそういう意味では、ちょっと失速した。キャラクターをバンバン立てるのも失速。3部作の真ん中だから意図的なダレ場なのか。でも面白いよ。地下鉄2駅分歩きながら読んで、深夜にどうしようもなく最後まで読んだ。そういう面白さ。 ネコソギ読みながら歩いていたら大学の近くに御飯屋さんがオープンしていて鈴木杏樹がお花を贈っていました。ただそれだけなんですが。 歩いていたのは東京アコーディオン教室の帰り道でした。 日曜日のイベントで金子先生の曲を弾きたいと恐る恐る申し出たら、実に実に丁寧にレッスンして頂いて、ここしばらく弾いていた甲斐がありましたが、楽譜にないコーダやオカズを沢山教わり、日曜日までに消化できるでしょうか。「光と陰」も先週よりはましな程度。数々の課題をこなし終えるのはいつの日のことでしょうか。 前日に声楽家から伺った「姿勢で声が判る」説を先生にお話しすると「岡田博氏は一音聴けば実力が判るといっていた」とおっしゃいました。「本当に判りますか」と重ねて伺うと「だいたいね」と。金子先生も同意見のようです。「ラテン語の実力は1行音読させれば判る」という説(これも恩師から直に教わった金言です)もあるし、なんだか剣豪の果たし合いみたいだけれども、ハイレベルとはそういうことなのでしょう。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/256-0d4025ce
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。