スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブエイトおよびセレブリティ考

2005年07月05日 20:40

職場で同僚に「知ってる? 今度のライブエイトでピンクフロイドが再結成したって?」と話しかけられ、「それってロジャー・ウォーターズとディヴィッド・ギルマーが共演したってこと?」と返事。「20数年ぶりらしいよ」というんで「ありくい2号がステージに立ったのか」と感想を述べると「それ誰?」と当然の質問なので「ほら、ロジャー・ウォーターズってアリクイに似ているでしょ? だからアリクイ2号」。「素朴ですね」と言われてしまう。英語にするとナイーヴだな。それって褒め言葉? じゃないよねぇ。でも、めげない僕。「アリクイ1号って誰だと思う?」。正解が返ってきても困るな。と、思いつつ「トッド・ラングレン!」「意外な共通項があるんだ」と、一応受けたのでホッとする。日常会話に受けを求めなくても支障はありませんが。 どういう職場なんだというご心配には及びません。たぶん他のみんなはこんな会話をしていないっていうか、今日の同僚だってほかの人とは普通に喋ってるみたいだし。しかし僕のこういう発言って中学の時と全然変わっていない。われながらどうかと思う。進歩ない。 ライブエイトに関しては、ヴェルサイユで見た人のウェブロウグの、ゴスファッションのキュアーやプラシーボのファンが暑さの余り倒れてたとか、シャキーラが胸だけグルグル回す技を披露していたとかいう報告が印象に残りました。特に後者celle-ciは是非とも見てみたいものです。どっかに無料動画ないかなぁ。グルグル。 職場で人がいなくなったので、ラジオ聴きながら仕事してるとバンジャマン・ビオレーの、おそらくはちょっと前の新作『ロリジン』の曲。おそらくというのは、これ、まだ買ってないからですね。でも、とてもいい。バンジャマン君はセレブファミリーと縁組みしちゃったし、通販カタログのモデルするし、セレブ指向でいやになっちゃうよと、ヴァンサン・ドレルムがいっているそうですが、僕は家にそのカタログがあるのもなんだかで結構セレブ指向に理解というか共感してしまう。ヴォーグのパーティー紹介のページに載るのが夢だったりする。7月14日のフェットナショナルに溜池に呼ばれるとか。ヴォーグ・ニッポンがはじまったとき、あのコーナーが無かったのが悲しかった。あれば人生の目標が、もっとはっきりしたのに。 とりあえず、このブログだけでも、もっともっと沢山の人に見て頂きたいものです。実は毎日頑張ってというかポリシーを変更して、なんでもかんでもがむしゃらに日記を書くようになってアクセス数が上向いていて、もしかして今月中に10,000アクセス? と盛り上がる反面、それでも誰も読んでないようなものだなぁと、しみじみ考えたりしているのです。大切なあなたが読んでいてくれれば、それでいいのだけれど。二十億光年の孤独。最新のデータだと137億光年か。 セレブになりたい。そうすれば日本のライブエイトでも特別席からビョークが見られたりするんじゃないかしら。急性の病気みたいだけれど、どこから伝染ったんだろう。あそこか。(アップ後に少し修正しました)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/261-bb777faa
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。