スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏はチューヴでヴァカンスを?

2005年07月23日 10:23

というと「ストッ   ザシーズンインザサン」とか歌っちゃう人とか、「夏はチューブトップがええなぁ」となっちゃう向きとかもいらっしゃると思いますが、チューブというのはフランス語でヒット曲のことであります。で、思うに「チューブ・デテ(夏のヒット曲)」というジャンルがあるのですね。だいたいヴァカンス中ってこれという新譜も出ないしダンス音楽中心だし、莫迦みたいな同じ曲がずうっと流行っている訳でして、行楽地に行くと流れてて想い出とセットになる。ランバダだマカレナだとメディアがしかける振り付きの曲もあるし。フランスでテレビ見てると夕方は海岸から生中継で歌手が出たり素人がカラオケ歌ったりする緩い番組がありますが、そういうところでもお馴染みになる曲。 僕は、そういうのも好きなんです。最初に体験したのがヴァネッサ・パラディの「ジョルタクシ」で、その印象が良かったからというのもあります。今思うとアーティストも楽曲も夏ヒットでは例外的なクオリティだったんですね。詞なんかロダ=ジルだもの。 それでも、デビュドソワレもズーク・マシーンも悪くなかったし、ヤニックの「スソワレラ」の振りだって覚えた。 去年はちょっとヒットは早かったけれども例の「ドラゴスタデンティ」があったし。 という訳で、ヴァカンスになったので今年の夏の1曲を求めて現在のチャートの曲をここでチェックしたんですよ。 結論は、徒労でした。avoir beau で in vain な試み。NRJだの試聴サイトだのTV5だのを駆使して15位まで聴きましたが、ほとんどダメというより辛いです。年々NRJがキツなってFipばかり聞いているのが年齢のせいではなくて新しいヒット曲が下らないからだとまとめて確認してわかりました。具体的には挙げませんが、ほとんど凶悪な楽曲ですね。15位のヤニック・ノアだってそんなに良いものではないはずなのに上品に聞こえるし、ガルーとデュエットしているお姉さんも普通の歌なので心が安らぎます。8位のラファエルなんてもう次元が違う素晴らしさの高み。それでもイロナちゃんの2曲は、それなりに良いので夏の想い出にはなると思います。 この日の調査で収穫は圏外でしたが Marie Mai の Il faut que tu t'en ailles。この人は要チェックみたいです。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/283-b706f435
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。