スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハルトリで眠れない。

2005年09月20日 21:14

ええとね、昨晩のことですが恩師金子万久からお電話を頂いたのです。 これはてっきり、流石の先生も僕のコンクール結果が気になったのか知らんと己惚れ鏡と相談しつつ持った受話器の向こうから先生仰るに「あしたハルトリさんがBSに出るから見なさい」。 おやおやと思いつつ3位でござんしたとご報告申し上げお喜び頂いたのですが本当のところ先生はアコーディオンジャーナルにコンサート評を書いた責任上(コンサート評は本名の方の「複数的個体」のひとつが書きました)是非とも見なさいと仰いたかったのか、それともそれにかこつけてコンクールの結果を訊きたかったのか、いや後者はありえないな。 てなわけで、実のところ仕事でヘロヘロしているのですが、帰宅早々ハルトリ先生の武蔵野のリサイタルを拝見致しました。どうでもいいけれども今日のタイトルが判る人ってどのくらいいるのかしらん。 結論を言うと僕が行った現代音楽中心の横浜のコンサート(しつこいようですが、というか、ハッキリしつこくて申し訳ないのですがアコーディオンジャーナルの最新号にコンサートレビューが載っているのです)よりも武蔵野の方が楽しそうですね。 最初がグリーグの叙情小曲集ですね。ハルトリ先生お国自慢ですが、ACCでも先日の関東アコでも本荘雪子さんが「郷愁」をとりあげていらっしゃいましたから、これからグリーグブームが来るかもしれません。 あいかわらず楽しいノルウェーのフォークソングもあり、アンコールがフロシーニでした。 あれあれ、結局はアコーディオンノリの強い曲が良かったなという結論で毎度申し訳ありませんがテレヴィで見ても素晴らしいハルトリさんでした。今度は現代音楽でない方のリサイタルに行きたいものです。ピアソラ(ガリアーノ編)も「アディオスノニーノ」も良うござんした。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/307-9bd55831
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。