スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒りと響き(アンカー・アンド・シガレッツ)

2005年09月27日 22:43

今日は日記を書こうと思って、とりあえずタイトルを決めたのですが「ええと、フォークナーにそんな題の本があったなぁ」「そのままではつまらないから嘘の原題をつけて」「ひびきじゃなくて煙草の名前はエコーだったけれどもいいか」と意識は流れ、でも念のためとネットで調べたら、フォークナーの本は『響きと怒り』。原題は「サウンド・アンド・フューリー」。「ひびき」という煙草もちゃんと実在:いいかげんなニッポンの私です。 で、そういう私は仕事でもミスをするのですが、仕事しています。この日記を読んでいる人がどの程度の割合で御存知か判らない、というか誰が読んでいるのかあんまり把握できてないんですが仕事してるんですよぉ。鈴木亜紀さんがご自身の東京のライブによく来る男性一人客は皆ワケアリに見えるとおっしゃっていて、どうやら僕もそのなかに入っているのですが、そこはそれ、それなりにね。 最近読み続けていた斎藤一人関係の本に仕事なんて78%しか本来できないのだから完全にやろうなんて思ってはいけなくて次の機会に残りの78%をまたやればいいというのがあって、思わず脳内でアキレスと亀が走り出しますがそう考えると一応は気が楽になります。 でも今日はミスをがんがん指摘されて結構凹んだ。でも大抵の話が「そんなことをされると、あんなことになってしまうかもしれず、そうしたら俺は責任が取れないよ困るよ」という落ちなので結局は自分のために怒っているのだと思うと取り敢えず頭を下げましょうということになります。 それでもくたびれたのでおやつを買いに外出したら道で会うはずのない知人に15年振りに再会して実は僕はその人を認めるのにちょいと苦労したのですが当方は「ひとめでわかった」らしくて、それほど進歩がないのなら仕方がないか。 その後は会議があったりして職場の数少ない友人が非難を受けつつも頑張ってて自分はあの程度で落ち込むこともないか僕だったらあんな言われかたしたら家に帰って日本刀とか振り回しちゃうよ持ってないけどさと人の不幸で持ち直したりしてプチひとでなしのような気もしなくもありません。 なんとなく怒っているのだな自分と、思いついた日記のタイトルに教えられます。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/314-82cc5be6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。