スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モントーバンの日

2006年08月13日 17:50

本当にパリにいるからといってアコーディオンにあふれている訳ではないのです。 そういえば先週はモントーバンに行ったのです。 これが火です。 というのはウソで(本当は凱旋門の無名戦士の墓の火です)、モントーバンに行っても「モントーバンの火」とは何かは解決しなかったのです。観光案内所の皆さんにも考えていただいたのですが「結局曲のタイトルって意味ありげだけれども意味はないのよね」とか「特にモントーバンとは関係がない」とかで、そもそもモントーバンで30人くらいに「『モントーバンの火』ってご存知ですか?」と訊ねたけれども、曲名自体を知っている人がほぼいませんでした。 昨日はホテルのケーブルテレビが「第38回思い出のメロディー」をやっていたのですが、ダークダックスが3人で「銀色の道」を歌っていました。現代フランスでは「モントーバンの火」ってそのくらいの位置なのかもしれません。 やっぱり業界の人々に聞くか、ミュゼット関係文献を読みあさるしかないのかなぁ。 これから出発して、オーベルニュの学校にまた1週間滞在します。ネットができないので、しばらくごきげんよう。 帰ってきたら、日記を書きますね。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/388-9235c263
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。