スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小唄(「ラ・シャンソネット」イブ・モンタン)

2008年08月01日 21:51

まずは1曲聴いていただきます。イヴ・モンタンの「ラ・シャンソネット」。


夏の終わりにこの美術館に行って、レストランで食事をしていたら、レトロなシャンソンのオムニバスが流れていました。サン=テックスの時代と生涯を考えたら両大戦間に時代は絞って、あとラテンを流さなきゃと思いましたが、そこで発見したのが、この曲です。さいきんちょっと個人的モンタン・ブームとシンクロしました。やっぱりモンタンは偉大ですね。歌詞はparoles.netには著作権の問題でないのですが、探せばありました。そしてモンタンと言えばペタンクモンタンこのイメージ。この、モンタンがペタンクをしている広場に行ったことがあるのです。この写真の絵葉書をそばのカフェで買って母親に出したら家に飾ってあって、自分の父の写真だと思った記憶とか。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/447-85aeccec
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。