スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中町のポーリーヌ

2008年11月23日 22:00

昼の黒酢
昨日がとても良かったので、再び六本木へ出向いてポーリーヌ・クローズを聴きました。
前の晩は、サウンドチェックを終えてから着替えて少し遅れて始まったステージでしたが、今日は時間前に、サウンドチェックかと思ったら1曲ちゃんと演奏して、そのまま本番になだれ込みました。前日はなかったアコギ1本で弾き語りのT'es beauもあり、時間いっぱいの熱演。

ステージ真ん前の最前列で聴けたので歌詞もわかり、終演後にはステージ横でお話しもできたし、2日通った甲斐がありました。ちゃっかりツーショットの写真も一緒に撮ってもらったし。本当にサンパな良い感じの女性です。これから3枚目の制作に入るのでライブはしばらくお休みらしい。

それから、思いもかけず再会した旧知とお喋りをしたり(ポーリーヌ・クローズのバンドのベーシストはスティングの影響を受けたフレーズが多く、サウンドチェックでスティングのフレーズを弾いていたとのご指摘がありました)、菊地成孔のセクステット(ベース、ドラム、ピアノ+サックスとペットの2管のクインテットにステージ上で音をいじるダブマスターを加えた6人編成)のステージを聴いたりした六本木です。
六本木の雀
六本木のスタバのテラスには雀が来ます。本来、今日はアコーディオンの大きなイベントがあったのですが、神戸で仕事があったのでキャンセルしたら、神戸の仕事がキャンセルになって連休はどうしようと思っていたのですが、こんなイベントがあってよかった。

ピエールとまや

締めはピエール・バルー御大のステージでした。実はちゃんと聴くのは初めてでした。オープニングからサンバ・サラヴァ~ノエル(白い恋人たちに歌詞をつけた歌)~男と女の有名曲3曲で飛ばしに飛ばして、すぐに引っ込んで娘にステージを預けるあたりがエンターテイナーであり芸能界な人だったのが以外でした。それが嫌じゃない。マヤバルートリオが4曲演ると再び登場して地球が回るよ~という歌で盛り上げ、最後の最後はまやさんが前日お誕生日だったそうで、お誕生日の歌。ロシア民謡のようなチャオベラのようなあの歌は聴き覚えがあるのだけれども思い出せない。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/492-632b1e44
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。