スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度は2分54秒頃

2008年12月28日 22:00


昨日が「一年中クリスマス」でしたから今日は真逆で「やったね!今日はクリスマスじゃないんだ」
リンクを貼ったのはYouTubeで1970年代のPVをメドレーにしたもの。1曲目は代表作の「ディス・タウン(この街は俺たち二人には狭すぎる)」というハードボイルドな唄。アーティストはスパークスです。アメリカのバンドで、イギリスでブレイクして、唯一のナンバーワンヒットはフランスで、音楽性が激変したとも全然変わらないとも言える、いわゆるカルトなグループ。僕のフェイヴァリットのひとつです。

昨日もニコニコ動画をリンクしたばかりですが、AAで歌詞を解説した動画がニコ動にありました。全国のアンチクリスマスファン必見。歌詞の本意とはちょっと違うけど、そんなに間違ってもいない。

もちろんネット上に英語の歌詞もあります。とりあえず引用しておきます。翻訳は、また明日にでも。(以下引用)

What do I hear, what do I hear?
Chit-chat, and clinking glass
Cheap talk, a lady's laugh
After hour

What do I see, what do I see?
Some sunken hideaway
Where people go to play
After hour

There I'll spend the night
Meeting fancy thins
At bistros and old haunts
Trying very hard to sin

Then it is day end in a way
The pattern's much the same
In-spots, a matinee
Every day

Blend with the crowd, blend with the loud
Hypnotic ebb and flow
Until the day goes slowly
Into night
See the same old crowd
At bistros and old haunts
'Til the lights grow dim,
The not-so-subtle hint to be gone

Chorus:
Thank God it's not Christmas
When there is only you
And nothing else to do
Thank God it's not Christmas
Where there's just you to do
The rest is closed to public view

Caroling kids, caroling kids
A trifle premature, in tones so rich and pure and crystaline
Call for the day, the popular day
It's fast approaching now
But will the mood allow
One dissent

If this were the Seine
We'd be very suave
But it's just the rain
Washing down the boulevard

(Chorus)

Popular days, the popular ways
Are for the chosen few
Not meant for me and you
Obviously

Popular nights, poplar rites
Great things to say and do
Aren't said or done by you
Obviously

If this were Seine
We'd be very suave
But it's just the rain
Washing down the boulevard(引用ここまで)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/500-bd9e6476
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。