スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年聴きたいもの-1

2009年01月07日 22:00


ジャック・ブレルの「レ・ヴュー(老人たち)」です。
去年の11月末に大野修平先生の銀座産経学園の講座「シャンソンのベル・エポック」の昨年の最後のお話がありました。昨年はブレルのメモリアル・イヤーなのにブレルを扱わなかったということで、オランピアの引退コンサートのDVDが全編紹介され、講義がすべて費やされました。僕にとってはブレルのパフォーマンスに正面からきちんと初めて触れた機会でした。これが実に衝撃的で感動的だったので、あらためてブレルを聴こうと実感したのです。

この曲は2006年の夏にオーヴェルニュのスニマでアコーディオンのスタージュに参加した際に、ジャック・モルネ先生が取り上げた曲でもあります。講義の内容は、いかにメロディーを歌うかで、良いヴォーカルをたくさん聞くべきだ、たとえばブレルのこの曲のように深いエモーションを込められればどれほど素晴らしいか、という話でした。その時も、ブレルは実に沁みました。フランスに3週間ほど滞在していたので歌詞がダイレクトに分かるせいかとも思ったのですが、もちろんブレルも偉大で、これはいつかブレルとは勝負しなければならないと思ったものです。

僕は、ブレルなどの大物は、なんとなくわかったつもりになりがちなのです。それをきちんと聴くことが今年のテーマの一つになりそうです。「など」については明日以降に。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/509-04316928
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。