スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は犬になりたい

2009年01月09日 22:00


ストゥージーズの「アイ・ワナ・ビー・ユア・ドッグ」をエミリー・シモンで。
お正月のネットサーフィンで驚いたニュースその2。

 THE STOOGES(ザ・ストゥージズ)のギタリスト、Ron Ashetonが死去していたことが明らかに。連絡が取れないことを不審に思ったマネージャーが6日、ミシガンの自宅を訪れたところ、リヴィングのソファで亡くなっていたとのこと。死因は心筋梗塞で、発見時には死後数日が経過しており、死亡推定日は元旦前後とされているようです。享年60。

 Ron AshetonはTHE STOOGESのすべてのアルバムでギター(『Raw Power』ではベース)をプレイ。70年代のロック・シーンに得体の知れない強烈なエナジーを注入、その後のロックの在り方を変えた張本人と言えるでしょう。THE STOOGES復活の2007年最新作『The Weirdness』でもパワフルな演奏を披露、“FUJI ROCK FESTIVAL 07”での雄姿が目に耳に焼きついている方も多いことでしょう。

 Iggy Pop & THE STOOGESオフィシャル・サイトのトップページには、残されたメンバーからのステイトメント及びIggy Pop(イギー・ポップ)のコメントが掲載されています。

 歴史を変えた偉大なギタリストの突然の他界、残念でなりません。ご冥福をお祈り致します。

今度は「CDジャーナル - 01月08日 14:50」のニュースですが、ロン・アシュトンが死んだことよりも、ストゥージーズが再結成していて新作が出され、ツアーも行い、富士ロックにも来ていたのに自分が全く知らなかったことが驚きでした。

『淫力魔人』という凄い邦題の「ロウ・パワー」とフランスで出たライヴ盤「メタリックKO」が何と言っても思い出深く実際、ストゥージーズは「あの感じ」がわかれば良いし、日本にいてレコードから僕が10代の終わりにそれを理解できたことは奇跡の様です。そういう意味ではストゥージーズの原初のパワーは、いまもかわらずに存在しているので、再結成もギタリストの死も大勢を変えることはないとも思います。

というわけで、いっそのことエミリー・シモンのカヴァーでの紹介でした。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/511-e68c3c43
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。