スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰気な爬虫類

2009年01月18日 22:00

というタイトルのロック・ナンバーが存在します。ブライアン・イーノ先生の曲です。原題が Sombre Reptiles で Somber ではないところに英国の薫りがします。
以下は、mixiに僕が昨日書いた日記の一部です。職場の光景を切り取ったもの。

「『信じる』という動詞は『神を信じる』ときと『火星人を信じる』ときでは前置詞が違います。UFO とかも火星人と同じ扱いですね」
「UFO ってフランス語では何と言いますか」
「OVNI です。形容詞の位置が英語と逆になります」
「それぞれ省略しない形を教えて下さい」
「英語は Unidentified flying object です。これをヒントにフランス語を考えてみましょうか。最初はobjetで同じですね」
「飛ぶは voler ですか」
「惜しい。volantです。未確認はフランス語では何でしょう。identified でなにか思い出しませんか? 学生証は何と言いました? carte d'...」
「identité ですね。n はなんだろう」
「non identité ?」
「non identifié になります。volantは『飛んでいる』だから現在分詞だけれども、『確認された』は過去分詞です」
「先生、UFOで思い出したんですが、人類がトカゲ形の宇宙人に支配されているって本当ですか? このあいだテレビで言ってたんですが」
「それはレプタリアン Reptiles humanoïdes の話ですね。そういう議論を陰謀論 Théorie du complot と言いますが、トカゲ形宇宙人は陰謀論者の間でさえ信用度が低い最も眉唾なレベルの話だということになっています。そもそもなんでそんな質問するの?」


早速友人から、こんなコメントを貰いました。

>人類がトカゲ形の宇宙人に支配されているって本当ですか?
こういう質問をすると
その先生こそが人間に化けたトカゲ型宇宙人だというフラグが立ってしまうので注意


いやぁ、実にスマートな反応です。この友人はとても頭が良いのです。

爬虫類という英単語を覚えたのは僕も中学生の時で、ブライアン・イーノとフィル・マンザネラの双頭バンドだった801のデビュー・ライブ・アルバムに、この曲が入っていたからでした。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/520-b40392c9
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。