スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンソンをフランス語で

2004年09月03日 23:52

 銀座産経学園の大野修平先生の講座「シャンソンをフランス語で」に出席。今日は「澄んだ泉にて」という子どもの唄だったので、あまり先生が蘊蓄を披露する機会がなかったのが残念。それでもブラッサンスの曲 Dans L'eau De La Claire Fontaine につなげるあたりが素晴らしい。ブラッサンスはどうして何気ないのに深いのだろう。曲の最後の「ぴたり」と決まる感じも気持ちいい。  前回お約束した現代アレンジの子どもの唄 mini girls のCDを持参。先月の曲「アヴィニョンの橋の上で」「澄んだ泉で」「Savez-vous planter les choux」を講座の最初にかけていただく。ま、それほどのものでもなかったのですが、それなりに先生にも受講生の皆さんにも好評な感じでほっとしました
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/57-5c568a66
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。