スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の、あるいは「梅ヶ丘又は宮前平」の

2009年03月08日 22:00

yama-chan's(やまちゃん's)という(多分)アマチュアのビッグバンドのライブに行ってきました。
知人が2nd Alt Saxで出演するので教えて貰ったライブで、それ以外何の情報も無く行ったのですが、なかなか端正な演奏で良かったです。クラシックの演奏会もそうですが、スタンダードナンバーは基本的に曲が良いので普通に演奏していれば、楽しめる出来になります。日本人はみんな真面目に練習するから、そんなに大変なことにはなりません。

とにかくきちんと皆さん吹いているし弾いてるので、もっともっともっとガンガンいけばとか、音量が欲しいとか、ダイナミックスがあればとか、フレーズの息が長ければとか、いつも自分に言いたいことを、他人のことだと遠慮なく注文つけたくもなりましたが、それをぐっと思いとどまらせる水準の高さでした。あれだけ出来てれば文句を言わずに演奏を楽しんだ方が良い。あぁ、こうすれば音楽になるんだなと思う瞬間も多々ありましたし、トゥッティが、とにかく聴いていて楽しくて、良い演奏会でした。

肝心のセカンドアルト奏者は、もっと音量があればと思ったけれどファーストが2人いて一人がプロのバンドのトレーナもしているプレーヤだから、それこそ無理な注文かもしれません。あの状況でファーストについて行くのではなくファーストを支える演奏が出来たら大変なことです。ソロも2回とって、なかなか堂々としたものでした。アンコールの方が良かったのは肩の力が抜けてたからかな。

曲目に関しては去年、アコーディオン大合奏の練習に参加した Strike up the band (本番は出られなかった)のビッグバンドヴァージョンを生で聴けたことが収穫。やっぱりクラシック的解釈とはノリが違う。あと、チェイスの「黒い炎」が聴けたのが特に良かったです。ただ、チェイスのロックコンボ+ペット4本のオリジナルに比べると、ビッグバンドだとペットがアンサンブルに埋もれがちだったのがちょっと残念でしたが、他の曲でも、ソロをそんなに音量的に際立たせていなかったので、そういうサウンドのバンドなのかもしれないなとも思いました。プログラムに Get it on とあったので、T-Rex だと思って待ち構えていたロック人間の当方とジャズ畑の方々ではセンスがかなり違うのでしょう。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/571-df224afd
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。