スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケルの死に思うこと

2009年06月28日 22:20

マイケル・ジャクソンの様なアイドルは、その存在が多くの人の多くの記憶のキーになっているのだと思います。
彼の存在がなくなることで、そうした記憶に結びつく直接の手がかりが失われてしまいます。
記憶は間接的になってしまい、だんだんと関係性の大きな網の目の中に拡散していくのでしょう。
スーパースターの死に私たちが感じるのは、そういう喪失感だと思います。
マイケルと一緒に、私たちの記憶や存在も失われてしまう、あるいはその予感を感じてしまう。
死んだことを信じなければ、過去のリアリティも持ち続けられるのでしょうか?
でも、そうすると他のこととの齟齬を無視することになって理性が蝕まれることでしょう。
正気でいるためには認めなければならないこともあるのです。

マイケルに関わる多くの大切な思い出が僕にもあります。

閑話休題。マイケルの話をしていたら、唯一知っている大好きな曲が "I just can't stop loving you" だという話を聞きました。ラジカセについていた試聴のCDシングルだったそうです。YouTubeで聴いてみたら(http://www.youtube.com/watch?v=Tai2j3dVSUQ)知っている曲でしたがマイケルだと思っていませんでした。確かに名曲で、特しっとりとしたヴァースの表現力が素晴らしい。それからラジオでは聞いたことのないイントロのセリフが泣かせます。

I Just Want To Lay Next To You
For Awhile
You Look So Beautiful Tonight
Your Eyes Are So Lovely
Your Mouth Is So Sweet
A Lot Of People
Misunderstand Me
That's Because They Don't
Know Me At All
I Just Want To Touch You
And Hold You
I Need You
God I Need You
I Love You So Much

「僕のことを誤解する人が沢山いるのは僕のことがちっとも知られていないからだ」なんて言うのだもの!

フランス語ヴァージョンも発見。歌詞も読めます。なんか凄く白々しいのはなぜかしら。スペイン語も誠実な感じがします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/608-f8189427
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。