スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半落ち

2009年09月27日 22:00

これは、ネット上といってもFacebookという限定された場所でのやりとりなんですが、数日前のこと、友人が「私の今日のセレクション」として、ハートの「バラクーダ」を紹介しました。「たまたま聴きたい気分になる音楽ってありますよね。今日はこれでした」というキャプション付きで。

で、YouTubeのリンクをひらいて聴いてみた僕は「もしかしてこれか!」と思ったのでした。で、僕の書いたコメントは:

これ、キメの「バラク~ダ~」が「ミッション・クレオパトラ」で歌われるのを聴くたび、知ってるけれど思い出せなくて歯がゆく思ってました。ハートか!思い出させてくれてありがとう(はーと)。

とっころが、その4時間10分後に「ノンノンノン、それ、違います、かっち。さん(と、モレシャン風に)」と斯界の権威に指摘されてしまいました。

その部分の歌詞も:

Rah! Ha!
Rah! Ha! (中略)
Alexandra, Alexandrie,
Alexandrie où l'amour danse avec la nuit.
J'ai plus d'apétit (トゥルルルッ!)
qu'un Barracuda(バ・ラ・クーダッ!)
作詞は****さんおなじみのロダ=ジルである。

と、教えて頂きました。「アレクサンドリアでは、愛が夜と踊る。私はバラクーダより腹ぺこで」。

クロクロことクロード・フランソワでした。これはスッキリaha!体験です。ハートの曲かと思った時は何となく腑に落ちなかったのが完全解消。アレキサンドリアとクレオパトラなら納得の引用であります。フランスのwikipédiaの記事にもちゃんと:

la chanson Alexandrie, Alexandra de Claude François (sur le bateau de Numérobis : « Barracuda »)
クロード・フランソワの曲「アレクサンドリ・アレクサンドラ」の一節がニュメロビスの船上で「バラクーダ」と歌われる

とありました。

こういうやりとりがあるからネットは楽しいのです。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/620-7a53d0cd
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。