スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『幸せはシャンソニア劇場から』総括

2009年09月28日 22:50

8月2日に「幸せはスイーツ(笑)から」と題したエントリーを書きました。近所のパティスリーがいかに素晴らしいかという話と、『幸せはシャンソニア劇場から』という映画が日本でも公開されるらしいよという話の、2題話でした。

nabochaさんに、すぐコメントを戴きました。自分で言ってどうするって感じですが、当ブログでは珍しいことです:

ご紹介いただきありがとうございます。
この作品、かるふーるで初めてちらしをみたのですよ。
9月公開では「のんちゃんのり弁」も。音楽がcobaさんです。
あ、私は世に言うスイーツ女子ではありませんよ、念のため(笑)。

この、『幸せはシャンソニア劇場から』日本では大野修平先生が自身のブログで大絶賛ですし、シャンソンとアコーディオン関係者は、好意的かつ楽しみに公開を待とうというムードでした。僕も「たぶん近所の名画座かDVDかテレビ」で見たいと思うなんて、8月2日時点では、お気楽に言ってます。

これに大物から反響がありました。僕の記事でも「我らがカストール爺は触手を伸ばさなかったみたいだけれど。」と触れた pere castor 御自身の「Ce film n'est pas bon. この映画は良くない」という強烈なタイトルのコメントです:

Ce film n'est pas bon, tout simplement.
『レ・コリスト』のバラティエだから、期待して見ましたとも。人民戦線の年1936年を全部まとめて面倒見よう、という制作態度がまず失敗のもと。前作ではジェラール・ジュニョを中心人物に据えたから、まとまっていたけれど、今回は主役を3-4人も持って来て3-4のストーリーをパラレルに展開しようとするから、散漫で、あとでジュニョって何やっていたのか思い出せないくらい。クロヴィス・コルニアックはただの不良でとても組合活動家には見えないし、カド・メラドは途中でファシストに魂を売ってしまう芸人役なのだけど、改心せずにずっとファシストでいてくれ、と言いたくなる。このコンテクストでは裏切り者に戻ってこられては困る。そして制作側が、あわよくばこの映画から「大型シャンソンスター」を生み出すという皮算用だった、かの新人女優さんね、この人全然「華」がないんだもの。大衆芸能をナメてるようなところがありますよ。

冒頭の «tout simplement» が凄いです。「要するに、一言で言ってそういうことなのだ」なんだもの。身も蓋もない。その批評眼と見識に全幅の信頼を寄せるビーバーおじさんが、わざわざこんなコメントをくれたのだから大事(おおごと)です。しかもばっちりと内容のある批評で、なんかお金の取れそうな原稿であります。ここに載せておくだけなのが勿体ないと同時に、こんな強烈なコメントを世に出したらヤバいのではないか。そう思わせる迫力があります。

それで、頑張って公開前に見ましたとも。アコーディオン協会の会報に紹介するからという口実で配給会社に便宜を計ってもらいました。もちろん紹介記事もちゃんと書きましたよ。1ページのコーナーになったので、下半分ではリスペクトレコードの9月新譜を扱いました。そもそも、これを紹介させて貰う話を先にしていたのです。リスペクトでは歌詞対訳をやっていますから、いわば自分のCDだもの。これがきっかけで次の機関誌にもジャン・コルティのことを書きます。要するに連載になりました。ありがたいことです。ていうか人生どう転ぶかわからない。
シャンソニア劇場紹介記事
この記事はアコーディオン関係者向けなので、エリック・ブーヴェルが全編で聴けて1分ほどだけれど演奏の様子も見られるのだから価値のある映画なのだよと、それだけ言っているようなものです。

実際、映画として冷静に判断できない部分があります。もうすでに公開されたので、友人知人のシャンソンやアコーディオン関係者が何人もロードショーを見に行きました。なかには初日の第1回上映で!と、入れ込んだ方もいらっしゃいます。感想は様々で、とにかくアコーディオンが出てきて盛り上がったとか、ムードに酔ったとか、筋が盛りだくさんで追いきれなかったとか。全体に好評でしたが、映画としての評価ではない気もします。

ともあれ、自分にとって特別な映画になったのは確かです。『マジック・キッチン』ほどではないにしても。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/621-605b32da
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。