スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小春おねえさん

2010年02月06日 22:15

弱冠ハタチのアコーディオニスト小春ちゃんは日本の20代奏者ではピカイチではないかと僕は思っています。今年の元旦は国営放送に生放送で出るという快挙も成し遂げました。見逃したけど。

去年ローマで行われたVアコーディオンの世界コンクールに日本代表で出て、今日はローランドの「凱旋」デモンストレーションでした。要は新製品の発表会みたいなものですが、小春ちゃんの演奏とお話しがたっぷり。

実はこれを知ったのは先週の水曜で、柴崎和圭先生のレッスンを受けに行ったら音楽センターの掲示板にチラシが貼ってあったのでした。小春ちゃんも音楽センターの生徒なので、みんなで応援しているのです。

しかし、それがいつなのかを忘れてたけど、僕は彼女のマイミクなので今朝ミキシィの日記で思い出した次第。

2時からでしたが、会場の渋谷の鍵盤堂に遅れて着くと、そんなイベントやってる気配が微塵もありません。もしや誰も来ないで中止になって小春は泣いて帰ったのかと一瞬思ったけど、店員さんに訊くとイベント会場は別でした。みなさん集合後移動してたのです。

別のビルにある会場はお客さんで一杯でした。本当は要予約限定20人でした。しかし知らないので平気で飛び込みでしかも遅れて行って一つだけ空いてた椅子に座ったけど、スタッフの椅子だった可能性が今思うと高い。なんか凄く偉そうだな自分。

小春ちゃんは、大小の電子アコーディオンを駆使し、定番の「スタイルミュゼット」、ちゃんちゃかちゃんの様なアコーディオン名曲メドレー、そしてどんどんおしゃべり。質問コーナーでは最前列に陣取っておられたレントラー松永先生大活躍。締めはジャン・コルティのアマゾンヌでした。

お話しも演奏も、とってもとっても良かったので、自分用に買ったマカロンをプレゼントしてしまった。知り合いとはいえ、特価の割れマカロンでは失礼だったかもしれないけれど、他にあげるものもなかったし…。あれは近所の店だけれど美味しいのだ。安くて人気だから滅多に買えない。

ローランドのエンジニアの方とお話して、最新型を試奏させてもらいました。3年くらい前にルドヴィック・ベイエさんが日本に来てデモをやった時にもお会いした方でした。「ジェルメーヌ」「アンファンデモン」「マルゴー」とガンガン弾いていたら、小春ちゃんのCDを買ってサインをして貰ったりしていた参加者もみんな帰ってしまい、小春ちゃんと世界コンクールでコルティさんの曲を弾いた映像があればDVD-Rに焼いてコルティさんに送ったらどうか、なんなら配給元に話をしてあげようとか話をして帰りました。あの「アマゾンヌ」を聴けばコルティさんも喜ぶんじゃないかな。

問題のローランドの新機種も、とっても良かったです。小春ちゃんのブログにも:

新型のV-accordionで
演奏するのだけれども
本当にいろいろ不便な部分が改善!
カナリ演奏しやすくなっております。
タッチとか蛇腹とかの感覚が
もはや普通のアコーディオンと同様!

すごいよみんな。買った方が良いよ!
小春はこの新型V-accordionが
もらえちゃうのだわっはっは!
嬉しいなー嬉しいなー

とあるのだけれども、同感。
僕も欲しいな~。ローランドさんモニターとか募集していませんか?
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/630-e31a60a1
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。