スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふるさとの山に向ひて言ふことなし 死して屍拾う者なし(その1)

2010年05月03日 19:51

遅まきながら亡くなったジャン・フェラについて僕が知っている二、三の事柄。

まずはニュースの概要を:

ジャン・フェラ氏(フランスの歌手)13日、フランス南部アルデシュ県の病院で死去、79歳。

 30年パリ近郊のユダヤ人家庭に生まれ、父親をナチスの強制収容所で失う。50年代にパリの酒場などで歌い始め、64年の「ふるさとの山」などがヒットしスターに。他の代表作に「人生は美しい」「もしも君に逢わずにいたら」「夜と霧」など。少年時代にナチスから自分を救ってくれたフランス共産党のシンパとなり、60~70年代には政府を批判した政治的な歌も多い。(パリ共同)

これは四国新聞のウェブサイトに残っていた記事で共同通信が配信ています。朝日毎日讀賣日経がどう扱ったかとか全然知らないのですが、どのみち日本でそんなに話題になったとは思えません。以外に赤旗とかで盛り上がったかも知れないのですが、その話は後ほど。

僕がフェラのことを知ったのは10数年前のことです。南仏はイタリア国境の街マントンで行われた夏期語学研修の最終日のパーティーでした。調理部門の責任者のおじさんが「ラ・モンターニュ」を朗々と歌ったのがファースト・コンタクトでした。ただただ良い唄だなぁと思ったものです。ゆっくりと歌い上げる曲なので歌詞も良くわかりました。関係ないけれど一般のフランス人は、そんなに楽器を弾いたり歌ったりしないものですが、イタリアやスペインに近い街の人はタレントに溢れています。マントンの公園で行われていた野外カラオケ大会とか滅茶苦茶歌のうまい人ばかりでした。閑話休題、「ラ・モンターニュ」ですが、その後「心のレストラン」で取り上げられているのに気付いたりして、フランスでポピュラーな曲なことはだんだんわかったけれども、作者や創唱者のこともよくわからないまま月日は流れておりました。

そのうちに、今度は日本語のシャンソンとして遭遇することになります。古賀力氏訳の『ふるさとの山』ですね。

青く澄んだ山に かこまれた ふるさと
その土地を捨てて
長いこと夢見てた 都会の暮らしに
彼らは出てゆく・・・・・

ちょっと感じが違うなと思っていたのですが正体がつかめずにいました。(続く)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/658-7913a719
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。