スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復讐のビオレは何倍速いか

2012年11月05日 22:00

レザンロックの前の号のカバー・ストーリーが「ビオレ復讐す」だったので,思わず誰に?と思いましたが,なんのことはありません。新作のタイトルが「復讐」で今日発売です。シングルはクリップも作られていて少し前から見られますし既にラジオではかかりまくり,アルバムの無料試聴も手間暇さえ厭わなければ全曲可能です。半分ばかり聴いたところ。

わくわくして夜を徹しても全部聴くほど今のビオレさんに入れ込んでない自分がいます。それよりトゥイッタの TL に流れてきて今朝知った Emily Wells さんがヴァイオリンを弾いたりしながらライブでループを作った上に自分の歌を乗せるのを君管で見る方を優先してしまうのです。

今日はパトリシア・カース,ピアフを歌うも世界一斉配信開始で,同名のワールドツアーの初日がロンドンのロイヤル・アルバート・ホールであります。カースの今回の「プロジェクト」の「ティーザー」ビデオ7分は公式サイトで見ました。フランソワーズ・アルディの新作「狂気の愛」と同名の初の小説も今日発売。タイトルがアンドレ・ブルトンの書物と同じです。ソフィー・マルソーの映画とは違います。

これで,今年の秋の新譜は全部出たのかな。

(訂正があります)
機会があって今日,アルディーさんのティーザー・ヴィデオクリップをじっくり見たところ,本の方は先月末が発売日と知りました。友人の顔本に新刊を手に持った写真が載っていて,パリは早く手に入るのだろうとか CD と違って書籍の発売はフライングやディレイが起こりがち(日本ではそう)と思っていたら,普通に発売日以降の入手だったのです。訂正いたします。(2012年11月8日夜に追記)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。