スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノ・レッスンはあってもアコーディオン・レッスンという映画はない

2012年11月14日 22:00

クラシック・フリー・ベース・アコーディオンのレッスンに通って5年になります。ベースとコードをブンチャッチャの お気楽ミュゼットと違って左右で旋律を構成するクラシックは なかなか進歩しない茨の道ですが,茨姫を見つけるべく無理せず精進しています。

今は教則本を2冊:Morgens ELLEGAAARD, Lars HOLM «Nils Eric's Melodibok », Till LARAREN «Dragspes-skola för ungdom DEL 2»。どちらもスゥェーデンの本で,指使いが斬新。エルガードは北欧のアコーディオンでは神様的な存在らしく,ラース・ホルムは日本のアコーディオン業界とも所縁の深い大先生です。ただしアコーディオン・トライブの人とは別人で,もしかすると鈴木太郎的な名前なのかもしれないと怪しんでおりまする。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。