スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日はまた昇る

2012年11月19日 22:00

再び「サンライズ・サンセット」のことを少し:3日前に「サンライズ・サンセット」の歌い出しと,モーツァルトの交響曲40番の3楽章のメヌエットの冒頭の主旋律の音の並びが全く同じだということを書きましたが,これだけ明白だと絶対に僕の発見ではなく,すでに言い古されたことだろうと思いました。こういう似ている旋律は古今東西数多く,中山晋平作曲の童謡「黄金虫」(こがねむしーはーかねもちだー)に関してなど,ブラームスの「四つの厳粛な歌」,スーザの「海を越えた握手」,アルベニスの「カタルーニャ(スペイン組曲)」,ドヴォルザークの第8交響曲のスケルツォと,諸説あります。

で,「モーツァルト サンライズ サンセット」で検索してみましたが,何もヒットしませんでした。もしかして僕の発見!かもしれません。だからなに? という気もしますが,ちょっと嬉しい。

「サンライズ・サンセット」は「レクイエム」の「ラクリモサ」に似ているという方が いらっしゃいました。すぐには理解できなかったのですが,おそらくはモーツァルトのゆっくりした8分の12拍子が,ミュージカルナンバーのリフレインに聴こえるということのようです:
ラクリモサ冒頭
サンライズサンセットのサビ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/686-2047b131
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。