スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「拝啓おかあさん」は萩本欽一(作詞:阿久悠)

2012年12月01日 22:00

テレビの画面で なぎら健壱氏が高田渡を2曲続けて歌います。「ごあいさつ」「自衛隊に入ろう」。
すごいなぁと思ったら,次が「拝啓大統領殿」。

高石ともやさんの1968年の曲とテロップが出ましたが,いっしょに歌う坂崎幸之助は「ぼくにはフォークルの曲」と言い,なぎら氏は「もともとシャンソンで」と。つまり,ヴィアンの「脱走兵」なのです。訳詞は高石友也自身。フォークルは「大統領様」としてライブ盤「当世今様民謡大温習会」(こう書いて「はれんちりさいたる」と読む,ドキュンな趣向ではなくて歌舞伎の外題とかの感じなのだと思う)で同じ詞で歌ってます。coba さんが音楽をディレクションしてジュリー=沢田研二も取り上げていますが,そちらは黒テントの加藤直さんの訳詞でタイトルも「脱走兵」。カヴァーとしてのできはジュリーが一番ですが,やっぱり日本語にしてしまうと,出だしの Monsieur le président からして翻訳が非常に難しいからヴィアンのアナーキーさではなく庶民の悲哀を感じさせ,Messieurs qu'on nomme Grands で始まる創唱者ムルージに近い感じです。

ちなみに番組は,中川五郎の「カッコよくはないけれど」,加川良「教訓I」五つの赤い風船「これがボクらの道なのか」と続き,徹頭徹尾「旅の宿」「結婚しようよ」以前の硬派のフォークばかりで,なぎらさんの凄みを感じました。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/698-8fef417e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。