スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「『葦』フレンチ・ナイト」に向けて

2004年09月22日 01:31

 みなさん今晩は。書き込みが2日ほど滞って申し訳ありません。書いていないのにアクセスが増えると忸怩たる気持ちです。フランスからアコーディオンの楽譜が届いた話とか、「おでこちゃん」ことヴァネッサ・パラディがヴォーカルを担当しているリットル・ラビッツのサントラ新譜『アトミック・サーカス』も届いたので、その感想とか書きたいのですが、既に酔っぱらっていて「私の名前はベロ、べろべろのベロよ」という状態なので(これはパロディなんて上等なものではなく単なる、もじりなのですが、出典の判る人は友達です)後日に譲って、来週イベントを行う、喫茶「葦」のことを書きましょう。  今日は、来週のイベントで、歌手「清原まりこ」さんもお見えになって打合せを行うはずだったのですが、またまた気が付くとピアノの前に座っていて DON'T SHOOT ME, I'M ONLY THE PIANO PLAYER. になっていたのでした。これって僕的には人生の理想で、夢が叶って良いのかしら状態です。喫茶ですが飲物は焼酎で、ぼぉっとしていると誰かが歯医者の水のようにグラスを補充してくれるし。  しかも、帰りにお勘定をしようとしたら、マスター(ナガイアキラとおっしゃいます。これは、人のために尽くす名前ですよね。「この子を残して」では、ありませんか)に「○々さん(まさか「かっち」が本名の筈はないのです)は、ピアニストだから生涯無料だよ」と言って頂いて、「それでいいのか」と思いました。今日は実はワインを持って行ったのですが、お店に入ったらあまりに人がたくさん(「葦」的に)、10人ほどいらしたので、分けきれないかもと思って出さなかった人間にはかたじけなさに涙こぼるる宵でした。宵といっても終電一本前で、ワインだって「お詰めは?」「所有者元詰(ミザンプロプリエテ)でございます」のレヴェルにすぎないので別に勿体をつけることもなかったのですが。  ええと、来週お見えになる方は、音響がステレオでないかも知れないことをご承知おきくださいね。それから、歌が歌いたい方はカラオケか楽譜をお持ちになれば、楽勝で歌えます。ただし、ピアノ伴奏はかっちこと不肖私ですから、コードを押さえるだけに限りなく近いことを覚悟してください。キーがフラット5つとかだと泣きます。カセットやMDはハードがないので、ハードもお持ち頂けないと対応できません。ヘッドフォンの差し込みがあればPAにはつなげます。CDになっていれば、プレゼン用のパソコンで再生できます。  ところで今日はリクエスト大会もあったのですが、戸川純の「さよならを教えて」が、えらく好評でした。来月(10月27日に既に決定しています。ピアニストは2ヶ月前押さえがお約束ですから)は「怖い歌大会」をやろうかしらん。皆さんお知恵をお貸しください。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/70-bce8e8cb
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。