スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たべられない ひかりもの

2012年12月09日 22:00

東京ミネラルショーというイベントを覗きに池袋に ちょっと出かけました。

いろいろなジャンルの業者さんが,鉱物を括りに結集しているので,宝石,パワーストーン,化石の周辺でなんでもありな様相を呈していて,しかも国際見本市でもあるので海外の業者さんも多く,混沌ぶりが楽しめました。標本・原石・加工品が混在。カオスといえばコミック・マーケットですが,あれほど大規模ではなく野球の内野くらいのフロアなので,ごちゃまぜ感が一入。

特殊な処理で ほとんどの組織は透明になるが軟骨は青く骨格は赤く染まった透明標本とか化石・標本枠でのエントリーなのでしょうが,ミネラルではない。いろいろな意味で面白くも怖いアンデスの願い人形と,アルパカの毛皮で作ったアルパカのヌイグルミは関係づけも難しいけれど,同じブースで現地の鉱物も売ってました。

フランスの業者さんも何組か。別にフランス人だからといって話しかける理由もないと思っていたら,日本人のおじ(い)さんが値札のないものが欲しくなったらしくて,値段を訊こうとして苦労していたので,ちょっと手伝いました。トゥールーズから来ているというので後でカタログを見たらピレネー・ガロンヌの山間部のサン・ジュリアのお店で,トゥールーズから39キロのところでした。サン・ジュリアから来たと言っても誰もわからないよね。

音楽的なものは,スピリチュアル関係で,チベタン・ベルと,チベットかネパールのシンギング・ボウルという おリンがあったくらいでした。以前のミネラル・イベントではクリスタル・ボウルがあったのですが,今回は見落としたか,流行が終わったか見当たりませんでした。ニュー・エイジのブースでは DNA を調整するというふれこみの音叉と,カッサという名のマッサージをする羽根の形をした石の器具が目新しかったです。

場内の音楽は凄く普通で,ふと気付くとアバの「ダンシング・クイーン」だったり。クラプトンの「チェンジ・ザ・ワールド」だったり。

石に因んだ音楽は難しいかもしれません。シャーリー・バッシーの「ダイアモンドは永遠に」とか(ファッションTVだ)プロパガンダの「ジュエル」くらい(誰も知らないぞ)。シェルブールの雨傘の宝石商ローラン・カサールのナンバ? 「ダイアモンドは女の子の一番の おともだち」(「紳士は金髪が お好き」でマリリン・モンローが歌う曲)? 「マドンナの宝石」? 「ルビーの指輪」? とりあえずロックを流せば良いか。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。