スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萎える勤労のテーマ

2012年12月25日 22:00

12月8日の記事シャンソン本地垂迹説について,ジュリアン・クレールの話を書きましたよと友人に お知らせしたところ,コメントを戴きました:

かっち。さん、こんにちは。 Zachary Richardのヴァージョンはここです→ http://www.youtube.com/watch?v=cC8la1zztYY 聴いていただければ分かりますが、思いっきりアメリカンなカントリー・ソングになっています。 この方が良いのでは?(と、ジュリアン・ファンが言ってはいけないかも。)

投稿者の TOMI さんは日本有数のジュリアン・クレールファンであるのみならずプログレとかメタルとかクラシックとか幅広い音楽に通じてらっしゃいます。

ご紹介頂いた動画は作者ザッカリー・リチャールの歌う Travailler, c'est trop dur 。イザベル・ブーレをゲストに迎えたライブです。 ブーレさんはジュリアン様ともデュエット(Youtube に長年ブーレさんだけのヴァージョンを探しているのに,どうして無いの?というコメントがありましたが,本来人の曲だから)。ザッカリー・リシャードはいわゆるケイジャン(アメリカのルイジアナ生まれのフランス語圏の人)で,カナダに移住してキャリアを重ねました。音楽もケイジャンやザディゴがベース。この曲も本来はアコーディオンが必ず入るのでした。近年は元祖もレゲエで歌ったりしてます。これは象牙海岸のアルファ・ブロンディがレゲエヴァージョンのカヴァーをヒットさせたからでしょうが,拘りなさ過ぎ。ジュリアンのカヴァーはケイジャン色があまりなく当時のミレイユ・マチューとのデュオはフォークの様です。

Travailler, c'est trop dur, 仕事は辛すぎるが et voler, c'est pas beau. 泥棒は美しくない D'mander la charité, c'est quelqu' chose j'peux pas faire. 施しを求めるのは,したくないことだ Chaque jour que moi j' vis, 毎日暮らしていると on m' demande de quoi j'vis. どうやって暮らしていると訊かれるが J' dis que j' vis sur l'amour, 愛を糧に生きていると et j'espère de viv' vieux ! 長生きできると思うよと答えるのだ

こういう歌詞だからフランス人に限らず世界的な人気曲なのもうなずけます。大野修平氏も特にお気に入りのようでした。
スポンサーサイト


コメント

  1. Tomi | URL | pQpZY72.

    Re:萎える勤労のテーマ

    ウワサのTomiです(笑)
    愛で暮らしている・・・ラテン系の歌詞ですよね。 ギリシャやスペインにはいっぱい居そうな人たち。。。 メルケル首相に代表されるようなゲルマンの人には許せないでしょうね、こういう生き方は。 それでも欧州連合は何とか均衡を保とうと必死で、傍目にも気の毒です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。