スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京アコーディオン教室(金子万久先生)レッスン

2004年09月30日 22:06

 僕は金子先生のご自宅に伺っているので教室名は特に無いのだと思ってたんですが月謝袋を確認したら「東京アコーディオン教室」だったんですん。ちなみに教室でコンサートをする団体名は「東京アコーディオン協会」だし、どちらも世界に通じる名前です。なんといってもわかりやすい。  さて、先週が祝日でお休みだったので、2週間ぶりのレッスン。  いつものようにアルペジオを弾き(ついにボタン鍵盤の何列目からのスタートでもそれなりにこなせるようになったのです)、まず「チャルダッシュ」を聴いて頂きました。もしかしたらこれを週末に人前で弾くかもしれないと申し上げたからでした。「ちょっと重た過ぎやしないか」とおっしゃって、それはレパートリー的であると同時に「荷が重たい」ということであり、自分的にも、まだ消化不良なので、ではボタンで弾ける曲で「スターダスト」を弾きたいと申し上げたところ、レッスンの最後に「さっき言ってた週末に弾くつもりの曲を弾きなさい」と言われ、弾きましたとも。出来はそこそこと思ったのですが、「それでは自己満足だ。本人は楽しくてもアコーディオンのジャズでは面白がってもらえない。もっと凄いアドリブでもできるならともかく」との手厳しいお言葉。やっぱりいまいちだったんでしょうね。でも、けなしっぱなしにしないのが師匠の優しいところで「ピアノ鍵盤でパリ空を弾きなさい。あれなら弾けてるしアコーディオンのイメージ通りだから喜んでもらえる。アマチュアは自分のことばかり考えていけないね」とのアドバイス。ピアノ鍵盤のパリ空が一応及第点なのなら、そういたします。実は週末に出番があるかどうかは微妙なのですが、もしも本当に人前で弾くことがあったら、このウェブロウグでも報告しますね。  今日のレッスンの本題は伴奏の仕方でした。本当ならば「ティコティコ」でベロウズ・シェイクを完成に向けるところだったのですが、それはどうせできてないと思われたのかご要望がなく、確かに全然「ティコティコ」が進歩しないこの身には却って有難くもあったのですが、それ以上に、僕のために伴奏のパターンの譜面さえも書き下ろして用意してくださっていたのが死ぬほど嬉しゅうございました。ここで改めて先生に御礼を申し上げたく思います。インターネットはご覧になっていらっしゃらないのですが、あまりに有難くて再度言わずにいられません。  前回のレッスン時に、関東アコーディオン演奏交流会のコンクールの感想をお話しした際、関東アコで11月に伴奏講座があるのだけれど、それに参加するかどうか思案中、できれば先生に伴奏も教えていただきたい。最初に伴奏の手ほどきを受けるのが先生ではないのが寂しいと、奏上申し上げたんですね。それを覚えてて、気にかけていただいたのです。そういう次第の金子式伴奏法レッスンでありました。どこまでもあつかましい生徒は曲が「素晴らしき放浪者」だったので「ドイツ語の歌を歌って練習をつきあってくれる人がいない」と言ったところ、次回はシャンソンでやるから譜面を書いておくとのこと。本当にこんなに先生にお世話になって良いのかしらん。ますます精進しなければと思ったのでした。「プロになれとは言わないけれどプロレベルのことを要求する」というのもかたじけなくて涙こぼるる気持ちでした。  今日は伴奏の秘訣であるとか、アマチュアの嵌りやすいパターンであるとかレッスン後のお話も、実にためになりました。僕はすっかり金子流なので「やってはいけない」ことや「やるべきこと」はアタマに入っていて実は12日の関東アコのコンクールでも自分が先生に注意されていることが守られないと気になるのです。そういう意味では、先生に教わる以上にこれからは自分で自分の音を聞いて、ひとりでやるべきことを着実にやる時期なのかもしれないと思う反面、同じことを指摘され続けている限りは先生のレッスンを受け続けたいとも思っているのでした。金子先生は「こんなことは誰に教わったことでもなく自分が演奏経験から考えたことだ」とおっしゃるのですが2年前にレッスンに伺い始めた頃、ちょうど『斎藤秀雄講義録』を読んでいて、音楽に関する具体的なアドバイスが金子先生と斎藤秀雄で、あまりに同じなので驚倒したことを覚えています。  あ~あ、来週も同じことを指導されるのだろうなと、嬉しくも悲しいレッスンです。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/74-735a83e1
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。