スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラタトゥイユでもラッタッタでもない

2013年01月27日 22:00

25日にスーサイドの Cheree を聴きたくなった話を書きました。そのときに Cherry という短編映画が君管にあって,バックの曲が気になったけれどスタッフ・キャスト・ロールになかったとも。「まるでファミコンの様な音楽」と書きましたが,実は名のあるバンドの有名曲でした。むしろ曲に映像をつけた一種の MAD だったのかもしれません。だから曲名やアーティストは言わずもがななのでなかったのかも。著作権の問題も発生しますしね。

オススメ動画欄に Cherry (live) という動画があり,見てみると まさに同じ曲。バンドは Ratatat 。アルバムは XL から出てるし,セカンド・アルバムはツアーのフロントアクトを務めたビョークの自宅で録音だし,2007年にはダフパンのツアーにも抜擢されているし,インディーズどころではありません。いやぁ,知らなかった<本当に最近とっても多いパターン。

このパターンのデュオだと,やっぱりフリップ&イーノと泉陸奥彦さんのDADAを思い出しますが,全然ポップで やっぱり21世紀です。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。