スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス式教育

2013年01月28日 22:00

Education française volume 1 と題するコンピレーション・アルバムが出ていました。なんとなくドイツ盤のコンピレーションかと思ったのですが。ソニー・フランスが「2012年のポップ・フランセーズの特別な活況に対応してまとめた」ものでした。確かにトラックリスト:Une éducation française / Volume 1
01 - Concrete Knives : Brand new start – 3’16
02 - Lescop : La forêt – 4’41
03 - St-Michel : Katherine – 4’34
04 - Singtank : Superstar – 2’51
05 - The Shoes : Wastin’time - 3’46
06 - Séverin : La revanche – 4’05
07 - The Popopopops : R’n’R – 4’06
08 - Equateur : Haunted – 4’03
09 - Bengale : Le dernier tramway – 4’16
10 - Von Pariahs : Someone new – 3’05
11 - Pegase : Without reason – 4’12
12 - La Femme : Sur la planche – 3’45
13 - Caandides : Rio – 4’59
14 - Lou Doillon : I.C.U – 4’03
15 - Hyphen Hyphen : Major Tom – 3’43
16 - Damien : Drague – 3’53
17 - The Bewitched Hands – Thank you, goodbye, it’s over – 2’26
18 - Granville : Jersey – 3’08
19 - Juveniles : Through the night (Yuksek rrmx) – 5’03
20 - Woodkid : Brooklyn – 3’35
は,充実です。ルー・ドワイヨンとサン・ミッシェルが僕的には目玉。
全部ほとんど YouTube で見られます。
Education française って,なんとなく悪意を感じたので,フランス国内向けとは思えなかったのです。カトリーヌ先生にEducation anglaiseってアルバムありますが,イギリス式教育って,そのままの意味ではないのです。1982年の同名のフランス映画があります。日本でビデオが出た時のタイトルが「禁断の寄宿舎」だったそうです。NeiMuroya という偉い人は,この文脈だとフロベールの Education sentimental も「感情教育」ではなくて「愛の調教」だと説いてらして山田
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。