スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京アコーディオン教室(金子万久先生)レッスン

2004年10月14日 16:06

 今日も金子教室に行ってきました。練習が十分でないと一週間が経つのが早い! 練習会の報告や、V-Accordion の話などもしましたが…。  伴奏法の「きままな放浪者」は、多少の感じはつかみつつあるとはいえ「もう1週」。  曲は「チャルダッシュ」でした。「フリスカは曲が入ったが、ラッサンはまだまだ」。  「ティコティコ」はなし。喜んで良いのか、悲しむべきか。  ほとんど進歩が感じられません。 「ボタンにしてから練習しても上達が遅いのですが」 「ボタンは難しいという先入観が邪魔をするということもある」  出来が悪いと報告することもありません。  先生のDVD(「どういうわけだか問い合わせがあるんだよ」とおっしゃいますが、それは広島の加藤先生のホームページに載っちゃったからですよ。僕も帰宅してさっき知りました)をゲットできたのが一番の収穫だったのではレッスン的には悲しすぎでした。臥薪嘗胆で捲土重来だぁ! (大袈裟)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://varietekishitsu.blog115.fc2.com/tb.php/88-78b69fc4
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。